アリペイはICOに対して厳格な立場をとる

アリババの決済関連会社でありAliPayのオペレーターであるAnt Financial Services Groupは、ICOに対し厳格な立場をとっている。

Ant FinancialのCEOであるEric Jing氏は、3月24日に北京で開催されたフォーラムの中で、ブロックチェーン技術に対して世の中が熱狂的になっているが、それはブロックチェーンの概念に関する憶測から来ていると考えている。

90年代のインターネットバブル期に似ている側面

現地メディアのThe Paperによると、Jing氏は将来のデジタル化社会における信用メカニズムとしてブロックチェーンの可能性を信じているものの、現段階は90年代のインターネットバブル期に似ており、今後2〜3年でバブル崩壊が起こる可能性が非常に高いと説明した。バブル崩壊後に、業界で本物のブロックチェーンアプリケーションが実現するとも彼は述べた。

Jing氏はICOに対しては否定的であるものの、Alibabaは技術開発において、ブロックチェーン領域への動きを見せている。Ant Financialはチャリティー寄付金のために、ブロックチェーンを利用したプラットフォームを既に開発している。彼は、Ant Financialの主なブロックチェーンの焦点の1つは、クロスブロックチェーンの互換性への取り組みになるとも考えている。

さらに、中国の国家知的所有権局が発表したデータによると、Alibaba Groupは約50件のブロックチェーン関連の特許出願をしており、ブロックチェーンに対しては強い興味を持ち、研究も行なっているようである。

 

Photo by Olga DeLawrence on Unsplash