FoxconnがSirin Labsのブロックチェーンスマートフォンを製造

台湾に拠点を置くFoxconnの子会社は、スイスに拠点を置くSirin Labsのブロックチェーンスマートフォン開発の支援をする。

フィニーが搭載する機能

Sirin Labsのフィニーと呼ばれるAndroidベースのスマートフォンは、急速に成長している暗号通貨の市場で、複数のアプリケーション間で暗号通貨の使用を簡素化できるセキュアなデバイスの市場を狙っており、分散型アプリケーション用のアプリケーションストア(dapps)、暗号通貨ウォレットの鍵の安全な保管、トークン間の簡単な交換機能などを含んでいる。

フィニーは安全な暗号通貨のハードウェアを搭載しており、物理的なスイッチを介して有効にできることを示唆している。

これらの機能は、暗号通貨の投資家にとって非常に魅力的な機能と言えるだろう。

約1,000ドルで販売開始予定

フィニーは今年の10月に約1,000ドルで出荷を開始予定である。

出荷当初は、暗号通貨の盛り上がっている地域・国を中心として8店舗で販売される予定である。

既に25,000人以上がフィニーを予約しており、同社は2018年に10万から数百万の範囲での販売を目指しているようである。

また、Sirin LabsのCEO、Moshe Hogeg氏は、最終的に携帯キャリアを介して販売される可能性があると語った。

電話の技術的価値を他の電話機メーカーにライセンス供与することで、Sirin labsはフィニーの価格が後に200ドルまで下げられる可能性があると考えている。

Sirin labs:https://sirinlabs.com/