アイスランドで盗まれた600台のマイニング機器が、中国へ

今年初めにアイスランドでビットコインの採掘用ハードウェアが盗まれたが、それらのマシンは現在中国にあるかもしれないと報道された。
アイスランドで紛失した機器は今日まで発見されておらず、その被害総額は約200万ドルに相当する。

中国当局がマイニング機器を押収

4月末に600個のビットコインのマイニング機器が天津で押収されたというニュースの後、アイスランド警察は中国当局に連絡をしているようであるが、まだ中国当局からそれに対する返答はない。

天津で押収されたマシンの数は、昨年12月と1月にアイスランドのデータセンターで盗まれたハードウェアの数に完全に一致している。

天津では、不規則な電気使用のパターンが確認され、それが中国当局の採掘用ハードウェア没収に繋がった。

アイスランドのマイニング事情

寒い気候と再生可能エネルギーへの広範なアクセスにより、アイスランドは暗号通貨の採掘で今注目を集めている。アイスランド国内の今年の暗号通貨採掘によるエネルギー消費量は、アイスランドの34万人の住民が自宅で消費するエネルギーを上回るだろう、とも言われている。

地熱発電や水力発電により、アイスランドでのマイニングは、中国の石炭鉱山に比べて潜在的に環境に優しく持続可能なものとなる。

 

Photo by Ghost Presenter on Unsplash

編集者:Hiro