【レポート】CryptoZombiesを使ったゲーム感覚で始めるSolidityコーディング

本記事は、5月9日に行われた「CryptoZombiesを使ったゲーム感覚で始めるSolidityコーディング」の参加レポートです。

CryptoZombiesとは、Loom Networkが作成した、イーサリアム上でゲーム開発を学ぶ無料オンラインレッスンです。

2017年12月にリリースされ、これまで17万人のユーザーがこのサービスを利用しており、現在9ヶ国語に対応しています。

Cryptozombiesの今後の動向

今後のCryptozombiesの動きとしては、大きく2点あり、Cryptozombiesがブロックチェーンへ移行し、さらにCryptozombiesのゲームを2つリリースするということです。

レッスン1でSolidityの基礎を学習

イベントではレッスン1を通して、Solidityの基礎の学習を行いました。
レッスン1はチャプター1からチャプター15までで構成され、各チャプターにはプログラムの解説があり、それを用いてCryptoZombiesでキャラクターを作成します。

各チャプターの内容は以下のようになっています。

項目 内容
チャプター1 レッスン1の概要
チャプター2 コントラクトの解説
チャプター3 状態変数
チャプター4 数式演算
チャプター5 構造体
チャプター6 配列
チャプター7 関数の宣言
チャプター8 構造体と配列の操作
チャプター9 Private関数とPublic関数
チャプター10 関数の戻り値と修飾子
チャプター11 Keccak256と型キャスト
チャプター12 全てを統合するpublic関数作成
チャプター13 イベント追加
チャプター14 JavascriptライブラリであるWeb3.js
チャプター15 ゾンビ完成!!

イベントでは、各チャプターを順に進めていき、javascriptなど他の言語との比較や、コントラクト呼び出し時に必要となるGasについての説明なども行われました。

Remixを用いてSolidityを実行

レッスン1が一通り終わった後には、レッスン1で作成したプログラムをRemixで実行した。Remixは簡易ブロックチェーン内臓のブラウザベースの統合開発環境です。

Remixでコンパイルを行うためには、MetaMaskが必要となる。MetaMaskは、Etherの送金などを行うことが出来るChromeブラウザの拡張機能であり、暗号通貨ホルダーには馴染みの深いウォレットです。

 
現在、Cryptozombiesでは、レッスン1からレッスン6までの内容を提供しており、いずれも日本語に対応しています。
また4月20日までに、レッスン4が完了している方には、LOOMトークンなどのボーナス付与を行っています。

今後も定期的にレッスンが追加される予定で、今後のCryptozombiesの動向に注目です。

 

Photo on https://cryptozombies.io/jp/

編集者:Hiro