SingularDTVの概要(ミッション・アプリケーション・提携先)

SingularDTVがMediumて、「ブロックチェーンエンターテインメントスタジオと分散型エンターテイメントエコノミーについて知っておくべきこと」を公開しました。この文書は、今後継続的に更新されていくとのことです。

ミッション

SingularDTVのミッションは、共同設立者のKim Jackson氏とCEOのZach LeBeau氏によって2013年に始まった。Kim氏は15年以上にわたり映画制作者であり、彼は、収入が瞬時に得られる透明性のある映画やテレビの配信ソリューションを創造し、アーティストやクリエイターが知的財産の管理と配備をコントロールできるようにしたいと考えている。

SingularDTVの前提「Studio in a Box」

SingularDTVのミッションの前提は、芸術家が確立された流通経路の中で表現することを許されるかどうかを決定するゲートキーパーの複雑なシステムが存在するという事実から生まれた。アーティストやクリエイターが表現する機会が与えられる時、その表現から価値を引き出す仲介者のシステムがさらに複雑になり、アーティストやクリエイターの表現からのキャリア形成能力が最小化されてしまいます。

この流通サイクルでは、アーティストやクリエイターは知的財産やそれに関連するマネーフローをコントロールできない。代わりに、流通仲介業者とゲートキーパーが知的財産とマネーフローをコントロールし、アーティストやクリエイターに返される価値を大幅に減らしている。
SingularDTVのDapplications Suiteはこれを変え、知的財産とその権利・収益・ロイヤルティ・残余フローをアーティストがコントロールできるようにする。

技術の進歩により、ゲートキーパーや仲介業者は、アーティストやクリエイターの表現を管理し、分配する必要がなくなりました。SingularDTVは、作成した知的財産を制御し、その知的財産を世界中の視聴者に直接配信するためのアプリケーションを構築しています。

SingularDTVは、プロジェクトの開発から配信までのアプリケーションと方法論をアーティストやクリエイターに与える「Studio in a Box」を作り出している。彼らが構築しているアプリケーションは、1)開発、2)生産、3)流通、4)サポートの4つのカテゴリに分類できる。

SingularDTVには、研究開発している12以上のアプリケーションがあり、現在3つが稼働している。

稼働中のアプリケーション

TOKIT

Tokitは分散型エンターテイメントエコノミーのエンジンであり、クリエイターがプロジェクトをトークン化して立ち上げ、自国経済を創出するための旅を始めるプラットフォームです。

今日まで、映画、ミュージシャン、DJ、アーティストを含むTokitのプロジェクトは、50,000ETH以上を調達し、数百万ドルの価値を創造してきました。Tokitギャラリーにて、現在進行中のプロジェクトと完了したプロジェクトを見ることができる。

SINGULARX

SingularXは、知的財産とユーティリティートークンの売買を行うためのピアツーピアによる分散型取引所である。

SingularDTVエコシステムの分散型取引所であるSingularXでは、ETH、SNGLS、SNGX、CENNZのような主要なERC20トークンを用いて、Tokitで公開されたトークンと交換することができる。SingularXは、ニュージーランドに拠点を置くCentralityと提携して作られた。

RENTALIST

Rentalistは、SingularDTVのピアツーピアエンターテイメント機器、人員雇用および位置情報サービスアプリケーションです。これはニューヨーク市場ではプライベートベータ版であり、現在はピアツーピアのレンタルで数十万ドルの資金を調達しています。2018年には公開ベータ版がリリースされる予定である。

SingularDTVトークン化されたエコシステム

SingularDTVによって構築されたアプリケーションで生成されたすべての価値、SingularDTVによって生成または配信された知的財産に関連するトランザクションおよびサービス料金は、SNGLSトークンを介して管理される。収入/報酬、消費、キュレーション市場など、さまざまなトークン化されたモデルを通じ、アーティスト、クリエイター、および視聴者に力を与える新しい経済が実現する。

SNGLSトークンはどのように価値を生み出すか

SingularDTVエコシステムのアプリケーションは、SNGLSトークンに価値を”引きつける”ように設計されている。

SNGLSは、SingularDTVの「母」トークンを表す。SingularDTVアプリケーションの多くは、独自のトークン化されたエコシステムによって動いている。これらのトークンは、SNGLS / SingularDTVの「子」トークンであり、さまざまな方法でSNGLSに価値を引きつけます。たとえば、SingularXは取引手数料を生成し、SNGXトークンに管理されて格納される。

SingularDTVは全SNGXトークンの50%を所有しているため、SNGLS保有者はSNGXから生成された価値を得ることができます。これは、SNGXトークンをSNGLSトークンにエアドロップするプロセスによって可能である。

いくつかのパートナーシップ

Centrality

Centralityは、日常生活に役立つ相互接続された一連のアプリケーションを備えた分散型のピアツーピア市場を構築している。Centralityは、50人の強力な開発者チームがSingularDTVのdAppsとモジュールを構築する重要なパートナーです。

Digital MOB

Digital MOBの開発者コミュニティは、Ethereumエコシステムの構築と設計の両面で大きな役割を果たした。Digital MOBは、Tokitプラットフォームを構築し維持する。

ConsenSys

Ethereumの共同設立者でSingularDTV CTOのJoe Lubin氏によって設立されたConsenSysは、分散型アプリケーション、コンサルタント機関、ブロックチェーン技術のエンタープライズアプリケーションなど、50以上のプロジェクトを持つベンチャースタジオです。

 

Photo on https://singulardtv.com/

編集者:Hiro