【2018年6月開催イベント!】 参加企業紹介PumaPay

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。

友だち追加

日本最大級の日本最大級のブロックチェーンカンファレンス
「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」-TOKYO Round 2018-
が、2018年6月26日(火)ー27日(水)で東京国際フォーラムにて開催される。

イベントの申込方法は、記事後半に記載した。

今回は、出展企業の一つであるPumaPayについて紹介する。

プロジェクトの概要

PumaPayは決済プロセスを現代的なものにし、PumaPay Pull Payment Protocol上で暗号通貨経済を反映させていくことを目指す。

一般的な暗号通貨は、”支払い側”から”受け取り側”へと送金するプッシュ型決済を実行できるが、事前に結んだ契約に基づいて自動で決済を行う(例えば、月額利用サービスの利用料金を口座から引き落とす)プル型決済には対応していない。
PumaPayのPullPayment Protocolは、”受け取り側”から”支払い側”のアドレスにPullContractを通した処理を行い、”受け取り側”の口座へ資金をプルして引き出すことを可能にする。

このプロトコルは、サブスクリプション型の月額定額支払サービス、利用時間に比例した課金システム、複数人への分割支払いなどでの利用が考えられる。

CEO Yoav Dror氏


PumaPayのCEO(最高経営責任者)、Yoav Dror氏は、
2019年が暗号通貨の採用の年になるのは疑いのないことだろう。今のところ、難題は通貨のトランザクションにかかる時間と費用にある。ビットコインに関して言えば、1時間ほどかかることもある処理時間と大きな手数料により、日々の支払いに用いるには不適当な要素がある。2018年、暗号通貨による支払いが早く行われ、手数料も低く、日々のトランザクション処理を行うのに適当なものとなりうる様々な事例を確認できている。
語っている。

イベントへの申込方法

超豪華なVIPパス

チケットは3種類。
中でも、VIPパスには普段直接関わることのできない世界トップクラスのスピーカー陣も参加するアフターパーティーと閉会パーティーの両参加権が含まれている。

イベントへの申込は、以下のURLから。
https://japanblockchainconference.peatix.com/

また、申し込みページでの以下の紹介コードを入力すると当日特典がもらえる。

紹介コード:vippass005


 

Photo on http://pumapay.io/

編集者:Hiro