【2018年6月開催イベント!】 参加企業紹介Endor

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。

友だち追加

日本最大級の日本最大級のブロックチェーンカンファレンス
「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」-TOKYO Round 2018-
が、2018年6月26日(火)ー27日(水)で東京国際フォーラムにて開催される。

イベントの申込方法は、記事後半に記載した。

今回は、出展企業の一つであるEndorについて紹介する。

プロジェクトの概要

Endorは、予測分析のための”Google”開発を行う。

将来の行動予測には大きな価値があると考えられているが、今日の機械学習技術はAIによる予測を複雑で低速であり、高価なものとしてしまっている。その結果として、大手のIT企業だけが、指数関数的な収入に繋がるであろう将来予測の精度を最大化することができている。

そこでEndorは、企業のための正確で高価ではない予測エンジンを開発する。これはMIT(マサチューセッツ工科大学)の社会物理学の技術とブリックチェーン・インフラストラクチャーを搭載しており、これを使うためにデータ科学専攻経験は必要なく、簡単な言語で使うことができる。

現在、Endorが発行するEDRトークンは、分散型取引所IDEXとHotbitに上場している。

CEO Yaniv Altshuler氏


Endorのシステムを使うために、企業はEndorを用いたアナリティクスのためのスタッフを雇うことになるかもしれない。またある企業は、ある課題へのベストな施策を決定する時に、Endorを用いるかもしれない。

EndorのCEO(最高経営責任者)、Yaniv Altshuler氏は、

英語で書かれた質問を、Endorのシステムが質問の意味を理解するための”Endor-ish”言語に翻訳するために、数分しかかからないだろう。
語っている。

またAltshuler氏は、Endorはデータサイエンティストの代わりとなることを目的とはしておらず、それが彼らの助けとなるように設計されていると語る。

イベントへの申込方法

超豪華なVIPパス

チケットは3種類。
中でも、VIPパスには普段直接関わることのできない世界トップクラスのスピーカー陣も参加するアフターパーティーと閉会パーティーの両参加権が含まれている。

イベントへの申込は、以下のURLから。
https://japanblockchainconference.peatix.com/

また、申し込みページでの以下の紹介コードを入力すると当日特典がもらえる。

紹介コード:vippass005


 

Photo on http://endor.com/

編集者:Hiro