【2018年6月開催イベント!】 参加企業紹介NEO

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。

友だち追加

日本最大級の日本最大級のブロックチェーンカンファレンス
「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」-TOKYO Round 2018-
が、2018年6月26日(火)ー27日(水)で東京国際フォーラムにて開催される。

イベントの申込方法は、記事後半に記載した。

今回は、出展企業の一つであるNEOについて紹介する。

プロジェクトの概要

NEOは中国版のイーサリアムとも呼ばれる仮想通貨であり、以前はAntShares(アントシェアズ)という名称だったが2017年6月に名称変更された。

イーサリアムと同様スマートコントラクトの他にデジタル証明書の発行や予測市場など多数の機能を採用している。

豊富な開発言語

開発言語が豊富であり「C、C#、C++、JavaScript、Python」など多くの言語を利用することが出来るため、イーサリアムよりも開発への参入が容易である。

コンセンサスアルゴリズム

データに信憑性がなく意思決定が出来ないビザンティン問題を解決するためのコンセンサスアルゴリズムとして、ブロック承認方法にDelegated Byzantine Fault Tolerant(DBFT)を採用している。
DBFTでは、ハッシュパワーや通貨保有量に関係なく、ブロック生成が可能であり、それにより51%攻撃などの危険性をなくすことができる。

GAS(ガス)

NEOのプラットフォームを動かすためのトークンに、GASがある。

GASは、bookkeeperと呼ばれるノードへ報酬として支払われる。また、ブロックが生成される毎にGASが発行され、NEOの保有量に応じて配当として受け取ることもできる。
NEOトークン保有者はbookkeeperの投票を行えるという点でNEOプラットフフォームの管理者的役割と持つのに対し、GASトークンは経済的インセンティブとしての役割を持つ。

 
NEOのプラットフォームを利用したdApps(分散型アプリケーション)が増えてきており、中国版イーサリアムとも言われるNEOの今後が期待される。

イベントへの申込方法

超豪華なVIPパス

チケットは3種類。
中でも、VIPパスには普段直接関わることのできない世界トップクラスのスピーカー陣も参加するアフターパーティーと閉会パーティーの両参加権が含まれている。

イベントへの申込は、以下のURLから。
https://japanblockchainconference.peatix.com/

また、申し込みページでの以下の紹介コードを入力すると当日特典がもらえる。

紹介コード:vippass005


編集者:Hiro