Mark Yusko氏はビットコインは将来40万ドルになると予測

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が2017年第4四半期にビットコイン先物取引を追加すると発表し、その影響でビットコインの価格は7,500ドルを超え、過去最高値を記録した。

しかし、SegWit2Xの延期により急激な価格の下落が起き、自称投資家たちは以前の高値の予測から恐れているのだろう。しかし、モルガン・クリーク・キャピタル・マネジメントの創設者兼CEOであるMark Yusko氏は、1ビットコインの価格が将来40万ドルになると予測する。

彼は、2011年に暗号通貨を初めて買ったが、もっと購入しなかったことを後悔している。まだ機関投資家の中では暗号通貨は投資対象としてあまり受け入れられていないが、彼は暗号通貨を、銀行業の需要と供給の方程式を変える破壊的な技術だと考えている。

Yusko氏はブロックチェーンを30年前のインターネットに比較し、「すべてを変えてしまう」同じだけの能力を持っていると考えているようだ。

 

Photo by Yolanda Sun on Unsplash