【2018年6月開催イベント!】 参加プロジェクト紹介 ARDA

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。

友だち追加

日本最大級の日本最大級のブロックチェーンカンファレンス
「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」-TOKYO Round 2018-
が、2018年6月26日(火)ー27日(水)で東京国際フォーラムにて開催される。

イベントの申込方法は、記事後半に記載した。

今回は、出展プロジェクトの一つであるARDAについて紹介する。

プロジェクトの概要

ARDAは、パフォーマンスラボが開発する、フィットネスハードウェアまたはアプリケーションにAIコーチング機能を実装するためのソフトウェア開発キットである。

パフォーマンスラボは、モニタリング技術のパイオニアであり、20年前に設立されてから、数万人に及ぶ、あらゆるレベルの選手やユーザーを含むデータを収集してきた。

ここ5年間、ウェアラブルセンサーを使用して広い範囲に渡って情報を集め、専門知識をさらに向上させてきた。同社は​​スポーツサイエンス・コーチング・テクノロジーに関する視点を取り入れ、データ、アクティビティのタイプ、そのパフォーマンスの相関関係を理解するために、ARDAコーチングエンジンを開発した。

ARDATトークン

パフォーマンスラボは、EthereumブロックチェーンをベースとしたARDATトークンを発行する。
トークンの所有者は、ARDAのサービスにアクセスができ、ユーザーの活動データはブロックチェーン上で管理され、そのデータをARDATトークンと引き換えに第三者に共有することができる。第三者には、活動データに関心を持つ医療関係者や保険会社、さらには研究者などが考えられる。

ユーザーは、サービスの購入時や、インサイトへアクセスする際にトークンを使い、データ提供に対する報酬としてトークンを受け取ることになる。このトークンの流れが生まれることでエコシステムが成長していく。

 
戦略の企画にはセントラリティも関わっており、フィットネス領域でのブロックチェーン技術活用の可能性が楽しみだ。

イベントへの申込方法

超豪華なVIPパス

チケットは3種類。
中でも、VIPパスには普段直接関わることのできない世界トップクラスのスピーカー陣も参加するアフターパーティーと閉会パーティーの両参加権が含まれている。

イベントへの申込は、以下のURLから。
https://japanblockchainconference.peatix.com/

また、申し込みページでの以下の紹介コードを入力すると当日特典がもらえる。

紹介コード:vippass005


 

Photo on http://arda.ai/

編集者:Hiro