【2018年6月開催イベント!】 参加プロジェクト紹介 カルダノ

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。

友だち追加

日本最大級の日本最大級のブロックチェーンカンファレンス
「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」-TOKYO Round 2018-
が、2018年6月26日(火)ー27日(水)で東京国際フォーラムにて開催される。

イベントの申込方法は、記事後半に記載した。

今回は、出展プロジェクトの一つであるカルダノについて紹介する。

プロジェクトの概要

カルダノは、カルダノ財団・IOHK株式会社EMURGOにより開発が進められている、オープンソースな分散型ブロックチェーン及び仮想通貨プロジェクトである。
運営・管理はカルダノ財団、技術開発はIOHK、外部への広告や営業活動は株式会社EMURGOが行う。

設計

カルダノのプロジェクトは、分散システム、メカニズム設計、暗号化などの分野を統合し、最も正確に設計された暗号解読技術を着実に構築した。

カルダノのマルチレイヤープロトコルは高度な機能を実行し、コントロールレイヤーにリンクされた決済レイヤーを基盤とする。決済レイヤーでは計算処理が行われ、コントロールレイヤーではスマートコントラクトが実行される。

プロトコルの設計は、規制当局のニーズを考慮しつつ、ユーザーのプライバシーを保護するように設計されている。プラットフォームは強固に構成され、変化するニーズに対応して進化し適応する必要性も認識している。
変化するニーズに対応していくために、ソフトフォークによってアップグレードできるようにシステム設計しており、プロトコルの持続可能性を保証するシステムを導入している。

ウロボロス

カルダノは、ウロボロスと呼ばれるPoS(Proof of Stake)アルゴリズムを使用しており、個人ノードがネットワークの意思決定プロセスに関わることができる。

このアルゴリズムは、システム内で用いられるADAをサポートする上で欠かせないインフラであり、スケーラビリティに関する障害となっているPoW(Proof of Work)プロトコルを一新するものである。

ウロボロスのアルゴリズムは、IOHKのチーフサイエンティストであるアゲロス・キアイアス教授が率いる研究チームによって設計され、学会にて査読も受けている。

ダイダロスウォレット

ダイダロスウォレットは、ADAを利用する際に用いられる。このウォレットを利用すると、ADAの送受金や、自身のトランザクション履歴が閲覧可能となる。
またADAの全てのトランザクションは、Cardano Block Explorerで確認することができる。

CEO チャールズ・ホスキンソン氏


IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏が、今回のイベントにゲストスピーカーとして登壇する。

ホスキンソン氏は、イーサリアムの元CEOであり、コロラドに拠点を置く起業家であり、数学者でもある。彼は暗号通貨の業界にくる前は、分析数理論の研究を大学で行なっていた。
現在のプロジェクトでは、暗号通貨の教育、分散化を拡大、暗号化ツールを使いやすくすることに重点を置いている。
 
カルダノはコミュニティが大きく、期待度の高いプロジェクトである。暗号通貨時価総額ランキングで現在8位につけており、さらなる成長に期待したい。

イベントへの申込方法

超豪華なVIPパス

チケットは3種類。
中でも、VIPパスには普段直接関わることのできない世界トップクラスのスピーカー陣も参加するアフターパーティーと閉会パーティーの両参加権が含まれている。

イベントへの申込は、以下のURLから。
https://japanblockchainconference.peatix.com/

また、申し込みページでの以下の紹介コードを入力すると当日特典がもらえる。

紹介コード:vippass005


 

Photo on https://iohk.io/

編集者:Hiro