【2018年6月開催イベント!】 参加企業紹介 DX.Exchange

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。

友だち追加

日本最大級の日本最大級のブロックチェーンカンファレンス
「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」-TOKYO Round 2018-
が、2018年6月26日(火)ー27日(水)で東京国際フォーラムにて開催される。

イベントの申込方法は、記事後半に記載した。

今回は、出展企業の一つであるDX.Exchangeについて紹介する。

プロジェクトの概要

DX.Exchangeはナスダックの技術に基づいて構築される仮想通貨取引所である。

DX.Exchangeは、エストニア金融監督局による許認可を受けており、透明で基準を満たした取引所を提供することを目的としている。
また、顧客の資金と個人情報は、最先端の暗号化ソフトウェアと、堅牢なサイバーセキュリティーソリューションによって保護される。

現在、70人以上の研究開発エンジニアが在籍し、彼らはUIや金融技術に関する豊富な経験を持つ。

技術

DX.Exchangeで用いられる技術は、世界中の70以上の市場で使用されており、実証済みのテクノロジーを使用することで、遅延が少なく、高性能かつ高スループットのシステムを構築できる。
また、高いユーザーエクスペリエンスにより、プラットフォームの信頼性を高める。

セキュリティ

顧客の個人データは完全に暗号化され、資金は個人のe-walletに保存される。ソフトウェアはとても堅牢で、ウイルスやマルウェアの検出や侵入検知を行い、ハッカー・フィッシング・マルウェアに対するその他の最先端のシステムも搭載する。

CEO ダニエル・スコーロンスキ氏


CEOのダニエル・スコーロンスキ氏は、FX事業などで評判の高い業界人である。
彼は、2010年6月から約3年半の間、当時FX業界で一流企業の一つとも言われたアルパリUK社でCEOを務め、2014年5月から約3年間、取引ソフトウェアを提供するOANDAヨーロッパでCEOを務めた。

 
Blockchain Mediaでは以前もDX.Exchangeに関連するニュースを取り上げた。

ナスダックが技術提供をする取引所プロジェクトということで、これから注目がさらに高まっていくことが予想される。

イベントへの申込方法

超豪華なVIPパス

チケットは3種類。
中でも、VIPパスには普段直接関わることのできない世界トップクラスのスピーカー陣も参加するアフターパーティーと閉会パーティーの両参加権が含まれている。

イベントへの申込は、以下のURLから。
https://japanblockchainconference.peatix.com/

また、申し込みページでの以下の紹介コードを入力すると当日特典がもらえる。

紹介コード:vippass005


 

Photo on https://dx.exchange/

編集者:Hiro