【2018年6月開催イベント!】 参加企業紹介 Hexa Labs

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。

友だち追加

日本最大級のブロックチェーンカンファレンス
「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」-TOKYO Round 2018-
が、2018年6月26日(火)ー27日(水)で東京国際フォーラムにて開催される。

イベントの申込方法は、記事後半に記載した。

今回は、出展企業の一つであるHexa Labsについて紹介する。

プロジェクトの概要

Hexa Labsは分散型ソリューションに取り組む企業であり、ソリューションアーキテクト、アナリスト、ストラテジスト、開発者、プロダクトマネージャーなど、重要な経験を積んだブロックチェーンの専門家グループだ。

役割

Hexa Labsは、ブロックチェーン技術を通じた成長企業の支援を行っている。
プロダクトのローンチには、プロジェクトの深い理解が必要である。特定のユースケースをより理解するために、クライアントのテクノロジー、ターゲットとなる市場、コミュニティ、強みについて分析する。
また、設計から発売後までのあらゆる側面のマネジメントを行う。

クライアント

Hexa Labsのクライアントには巨大なプロジェクトを掲げる企業が複数ある。
多くのクライアントの中でも注目される3社のプロジェクトを紹介する。

Kin

Kinは、3億人のユーザーを抱える無料メッセンジャーアプリの運営を行うKIKが開発を行うプロジェクトである。幅広いユーザー層を持つ既存企業によるICOで、KIKによるdApps市場の再定義をHexa Labsが支援した。

Sirin Labs

Sirin Labsは、世界初のブロックチェーン・スマートフォンである「FINNEY」を開発中のスイスの会社である。FINNEYは、コールドウォレット機能を搭載した、セキュリティの高いスマートフォンを目指している。

Orbs

Orbsは、大規模なコンシューマー向けの新しいブロックチェーンインフラストラクチャである。ORBSブロックチェーンは、スピード、規模、機密性、プライバシー、コンプライアンスなどの現実的な問題に頑健性をもたらす。
 
これら3つのプロジェクトは、ICOで多額の資金を集め、いずれも期待値の高いプロジェクトだ。

 
Hexa Labsは、有名なプロジェクトのマネジメントを複数行なっており、今後も増加が予想されるICOマーケットにおいて、さらに存在感を高めていくだろう。

イベントへの申込方法

超豪華なVIPパス

チケットは3種類。
中でも、VIPパスには普段直接関わることのできない世界トップクラスのスピーカー陣も参加するアフターパーティーと閉会パーティーの両参加権が含まれている。

イベントへの申込は、以下のURLから。
https://japanblockchainconference.peatix.com/

また、申し込みページでの以下の紹介コードを入力すると当日特典がもらえる。

紹介コード:vippass005


 

Photo on https://www.hexa-labs.com/

編集者:Hiro