【レポート】PROXEUS ASIA TOUR 2018!

2018年6月24日、ヒルトン東京のグレイドパークにて、『PROXEUS ASIA TOUR 2018』と題して、プロキシウスのミートアップが行われた。

プロキシウスは、アジアツアーの一環として現在来日しており、このツアーの中でシンガポール・香港・ソウルなどのアジア主要国でミートアップを開催している。

イベントでは、共同創業者のアントワーヌ・ヴェルドン氏とパトリック・アレマン氏が登壇した。

出典:プロキシウス公式ツイッター

プロキシウスとは

プロキシウスは、一言で『ブロックチェーンのWordPress』と表現され、ICOで約25億円を集めたプロジェクトである。

インターネットの初期段階においては、サイト作成にはHTML・CSS・JavaScriptやPHPなど言語のコードを書く必要があり、サイトを作るためのハードルは非常に高かった。
しかし、WordPressといったツールが生まれたことでコードの知識がない人でもWebサイトを簡単に作れるようになり、Webサイトやメディアが一気に増えたことで、インターネットは一気に浸透した。

プロキシウスは、ブロックチェーンの世界でこれと同じことを実行しようとしている。
つまり、現在ブロックチェーン技術を採用するには、高度な技術を熟知したエンジニアがいなければならないが、プロキシウスのアプリケーションを使うことで、コーディングをしなくてもブロックチェーン技術を用いることができる。
このアプリケーション内では、コーディングは一切必要なく、ドラッグ&ドロップによって、情報のアップロードができる。
まさに、『ブロックチェーンのWordPress』と言えるだろう。

Swiss FinTech Award 2018 受賞

現在、42名の開発者をかかえるこのプロジェクトは、とても難易度の高いSwiss FinTech Award 2018を今年受賞した。

昨年は数百件に及ぶICOが行われ合計で4,500億円あまりが調達された。
ICOで調達された額のうち、平均で約50%が研究開発費にあてられているとされる。しかし、プロキシウスのアプリケーションを使用することで、その費用は調達額の10%で済むだろうと共同創業者アントワーヌ氏は語った。またアントワーヌ氏は、「プロキシウスが使われていれば、これまでのICOで調達額のうち約3,500億円は削減できただろう」とも述べた。
さらに、研究開発費を削減することできれば、マーケティング費用を増やすことができ、プロジェクトの成功確率は確実に高まるだろう。

ベータ版を来月リリース

大きなニュースとしては、アプリケーションのベータ版を2018年7月13日にリリースすると発表があった。
ベータ版では、全てのフレームワークを使うことができる。イベント後に、特別にテスト段階での現在のアプリケーション画面を見せて頂いたが、簡単な操作で使用でき、専門的な知識は必要のないものとなっている。

来月のベータ版リリース発表がとても楽しみだ。

プロジェクトについての詳細や最新情報については、プロキシウスのテレグラムにて確認できる。

プロキシウスのメンバーは、明日からの2日間東京国際フォーラムにて開催される、日本最大級のブロックチェーンカンファレンス 「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE」-TOKYO Round 2018-にも来るとのことだ。
プロキシウスのTシャツを着ているとのことなので、もし見かけたら声を掛けみても良いかもしれない。

カンファレンスへの申込方法

超豪華なVIPパス

チケットは3種類。
中でも、VIPパスには普段直接関わることのできない世界トップクラスのスピーカー陣も参加するアフターパーティーと閉会パーティーの両参加権が含まれている。

イベントへの申込は、以下のURLから。
https://japanblockchainconference.peatix.com/

また、申し込みページでの以下の紹介コードを入力すると当日特典がもらえる。

紹介コード:vippass005


 

取材・編集:Hiro