米国の税関と国土安全保障省がブロックチェーンの利活用を検討中

米国税関・国境警備局(CBP)の諮問委員会は、ブロックチェーンの適用可能性と、それをどのように使用できるかを検討している。

公表された報告書によれば、作業部会は商業税関諮問委員会(COAC)によって9月に設立。
当初は、COACとCBPによって、貿易に影響を及ぼす新技術や既存技術の促進に関する問題を決定すためのものだった。

この報告書では、作業部会が貿易処理におけるブロックチェーンの適用可能性を検討することを示唆している。

報告書には、以下のように書かれている。

グループでは14のユースケースが提案された。
それらの中には、政府機関のライセンス交付、許可証、原産地証明書および自由貿易​​協定の製品資格、カルネや保税品の移動追跡の取得および追跡などのアイデアが含まれていた。

さらに、このグループは現在、ブロックチェーンがどのように使用されるかを確認するために、これらのケースを調査して、作業の流れを決定している。

どのような結果が得られるのか、技術が採用されるかどうかはまだ不明だが、この技術はすでに米国の多くの部門で使用されており、潜在的な可能性があることは明らかである。

また、国連も、ブロックチェーン技術に目を向けている組織の1つだ。
2つの国連機関が、ワールド・アイデンティティ・ネットワーク(WIN)と協力して、世界各地で児童売買と戦うためのブロックチェーンを用いたパイロット版をローンチする予定で、分散台帳上の子どもの身元を確認することによって、彼らが人身売買業者の手に渡る可能性は低くなることが期待されている。

3月には、国連の世界食糧計画(WFP)が、世界中の飢餓で苦しむ家族にお金を分配するために、イーサリアムのブロックチェーンを使用することを報告した。
この技術が最も迅速かつ安全に、お金が必要な人々に援助を送るために使用できると考えたためだ。

こういった事例は、テクノロジーが使用されているユースケースのほんの一部に過ぎないが、テクノロジーがもたらす影響と、透明性と不変性がもたらすであろう改善策を示している。