【レポート】JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE -TOKYO Round 2018 –

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

6月26日・27日の二日間、東京国際フォーラムにて、JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE -TOKYO Round 2018 –が開催された。

国内外から注目のブロックチェーン企業やプロジェクトが集まることや、豪華なゲストスピーカー陣、また、経済産業省および外務省から後援を得ていることなど、開催前から話題となっていたこのカンファレンス。

開催当日は天気にも恵まれ、朝から開場を待つ参加者が列をなしていた。

会場内には70社のブースが所狭しと並び、日本語はもちろん、英語や中国語など、様々な言語が飛び交う。

どのブースも出展企業の特色をよく現しており、ノベルティの配布やゲーム、SNSを使った参加型の企画など、工夫を凝らしたブースも多く見られた。

Centrality

ORBS

3箇所に設けられたステージでは、それぞれ、出展企業やゲストスピーカーの講演やパネルディスカッションが行われており、タイムスケジュールに合わせて目当てのプロジェクトやゲストのスピーチを聞くことができる。

一般社団法人グローバルブロックチェーン協議会 増山壽一氏

開催初日には、主催の一般社団法人グローバルブロックチェーン協議会 増山壽一氏のオープニングスピーチに始まり、SBIホールディングス株式会社 代表取締役執行役員社長 北尾吉孝氏の基調講演、そしてbitcoin.com CEOロジャー・バー氏のVTR講演と、イベント開催前から多くの話題を集めたゲストの講演に、立ち見が出るほど大勢の参加者が耳を傾けていた。

bitcoin.com CEO  ロジャー・バー氏

また、2日目のオープニングでは、経済産業省の松田洋平氏(商務情報政策局 情報経済課長)のスピーチも行われ、ブロックチェーンへの注目度の高さや、技術の利活用についての方向性などが語られた。

パネルディスカッションでは、異なる企業のCEOや、プロジェクトの技術者たちが同じステージで意見を出し合うという、なかなか目にすることのない光景も。

パネルディスカッションの様子

二日間での来場者数は6,000人超(閉会式時発表)と、世界最大のブロックチェーンサミットといわれる『Consensus』にも引けをとらない盛り上がりを見せた『JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE -TOKYO Round 2018 – 』。

来年1月には規模を拡大して横浜で開催することも決定しており、どんな企業やプロジェクトが参加するのか、今から楽しみだ。

なお、オフィシャルメディアパートナーであるBlockchainMediaでは、今回のカンファレンスでの参加企業へのインタビューやスピーチのレポートを順次配信していく。

 

JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE 2019 YOKOHAMA
開催日程:2019年1月30日(水)〜31日(木)
会場:パシフィコ横浜

 取材・編集:Ayako