【プロジェクトインタビュー】オーブス共同創設者 ウリエル・ペレッド氏

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

Blockchain Mediaは、JBC2018にて、Orbs(オーブス)の共同創設者 ウリエル・ペレッド氏へのプロジェクトインタビューを行った。

<オーブスのプロジェクト内容についてはこちら:【2018年6月開催イベント!】 参加企業紹介オーブス

インタビューに応じてくださった ウリエル・ペレッド氏

インタビューでは、オーブスのプラットフォームを用いる利点などについて話を聞いた。

ブロックチェーンメディア(以下、BCM):プロジェクトについて簡単にご説明いただけますでしょうか?

ウリエル・ペレッド氏(以下、ウリエル氏):
オーブスはブロックチェーンインフラストラクチャのようなものです。今回出展している企業の中には、オーブスのプラットフォームを使って、トークン発行を行うプロジェクトが多くあります。

BCM:オーブスのプラットフォームを使うことで、どのような利点がありますか?

ウリエル氏:
レイヤー1がイーサリアム、レイヤー2がオーブスといったイメージで、その上にDapps(分散アプリケーション)が乗っかってきます。これらが一つのプラットフォームになることで、イーサリアムの良さとオーブスの良さの両方を利点として得ることができます。つまり、スケーラビリティや流動性において大きなメリットがあります。

BCM:やはり、ユーザー数の多いサービスは、オーブスのプラットフォームを使うメリットが大きいですか?

ウリエル氏:
オーブスは、スケーラブルなネットワークで、1秒に100トランザクションを処理し、手数料も非常に少ないです。仮にユーザー数が多いサービスでも、決済のスピードや手数料について、大きなメリットがあります。
例えば、イオスは送金速度は早いが21のノードしかない。一方で、イーサリアムは15,000ものノードがありセキュアであるが、スケーラビリティの問題点がある。
オーブスの場合は、多くのノードの中からランダムにノードを選ぶことで、早い送金、かつセキュアなシステムを実現している。

BCM:最後に、日本のファンに一言!

ウリエル氏:
日本はブロックチェーンにおいて先進的で重要なマーケットだと感じています。また、興味を持っていただいている人達も多いので、もっと日本へ来られるようにしていきたいと思います。

 

今回、急なインタビューにも関わらず快くインタビューに応じてくれたウリエル・ペレッド氏。
また、たくさんの参加者がブースへ訪れる中、プロジェクトについて熱心に説明している姿が多く見られた。
2日間のカンファレンスを通して、オーブスへ大きな期待を寄せるファンが更に増えたのではないだろうか。
今後も様々な企業・アプリケーションと連携し、より注目度の高いプロジェクトへとなっていくことを期待したい。

取材・編集:Hiro & Rie