【プロジェクトインタビュー】Achain デーン・エリオット氏

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

Blockchain Mediaは、JBC2018にて、Achain(エーチェーン)のビジネスディレクター デーン・エリオット氏へのプロジェクトインタビューを行った。

<Achainのプロジェクト内容についてはこちら:【2018年6月開催イベント!】 参加企業紹介エーチェーン

インタビューに応じてくださった デーン・エリオット氏(一番左)

インタビューでは、Achainのプラットフォームを用いる利点や今後のマーケティングについて話を聞いた。

ブロックチェーンメディア(以下、BCM):このプラットフォームでは簡単にトークンを作成することが出来ますか?

デーン・エリオット氏(以下、デーン氏):
とても簡単に作成できます。数分で発行することが可能であり、将来的にはワンクリックで作成出来るようにしていこうと考えています。

BCM:どのようにしてトークンを発行できますか?

デーン氏:
現時点では、ワンクリックでトークンを作成することはできません。今のところ、WindowsやiOSなどでの操作が必要です。これはパブリックなブロックチェーンプラットフォームです。オープンソースであり、誰でもダウンロードできます。

BCM:エンジニアでなくても、簡単にこのプラットフォームを使って、トークンの発行ができますか?

デーン氏:
概ね、技術的な知識がなくてもブロックチェーンを使うことができます。つまり、ブロックチェーンに詳しく無い人でも、簡単にトークン発行ができるでしょう。

BCM:多くの企業がICOを行っていますが、このプラットフォームを使えば、トークン発行にはコストはかからないですね。

デーン氏:
そうですね。トークン発行にかかるのは、おおよそ10ドル程度です。

BCM:日本の取引所に上場する予定はありますか?

デーン氏:
今のところはないです。今は、中国の多くの取引所や、インドやアメリカの取引所に上場しています。将来的には、日本の取引所にも上場したいと考えています。

BCM:最後に、日本のファンに一言!

デーン氏:
今回、我々のチームが日本にくるのは初めてのことです。皆さんご存知の通り、日本はとても大きなマーケットです。暗号通貨の半分程の取引が日本で行われています。残念なことに時価総額の小さな暗号通貨は日本では注目されていませんが、成長のポテンシャルがあります。ブロックチェーンの可能性は大きく、投資としてだけでなく、プロジェクトとしても注目しています。

 

今回インタビューに応じてくれたデーン氏は、以前日本に住んでいたこともあったそうで、流暢な日本語を交えて話してくれた。
Achainは、中国で開催されたブロックチェーンの開発を競うコンテストで、最優秀賞を受賞しており、技術的にも高い期待が持たれている。
現在は、中国を中心としてマーケティングを行っているとのことだが、世界でもブロックチェーンに対しての知識を持ったユーザはまだ少数である。
そんな中で、手軽に安価でトークン発行が行えるAchainのプラットフォームは、多くの企業・ユーザーから期待を寄せられると共に、ブロックチェーンを身近に感じることが出来るきっかけとなりうるのではないだろうか。

取材・編集:Hiro & Rie