【プロジェクトインタビュー】stox CEO ヨッシ・パレツ氏

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

Blockchain Mediaは、JBC2018にて、STOX(ストックス)のCEO ヨッシ・パレツ氏へのプロジェクトインタビューを行った。

<STOXのプロジェクト内容についてはこちら:【2018年6月開催イベント!】 参加企業紹介ストックス

インタビューに応じてくださった ヨッシ・パレツ氏

インタビューでは、STOXの今後のサービス展開について話を聞いた。

ブロックチェーンメディア(以下、BCM):ロードマップの進捗状況について教えてください。

ヨッシ・パレツ氏(以下、ヨッシ氏):
昨年ICOが終わり、今はプロダクトに専念しています。
今は、サッカーW杯の試合が予測対象としてあり、8,000人の人が予測をして投票をしています。

BCM:どうすれば、投票に参加できますか?

ヨッシ氏:
STXトークンを内部のウォレットに送ることで参加できます。将来的には、クレジットカードで参加できるようにしようと考えています。

BCM:日本人も登録できますか?

ヨッシ氏:
KYCはないので、簡単に登録できます。
ただ、トークンが日本の取引所では購入できないので、別の取引所で購入する必要があります。私たちのトークンはBancorなど多くの取引所で購入ができるので、例えばまず日本の取引所でイーサリアムを購入し、別の取引所でSTXトークンと交換するのが良いです。

BCM:最後に、日本のファンに一言!

ヨッシ氏:
日本は、ブロックチェーンに関してだけでなく、他の技術の観点からしても、とても頼もしく素晴らしいマーケットです。日本の市場となんらかの連携を取っていくことが出来ることを願います。

 

インタビュー中は、実際のSTOXのサービス画面を見せながら熱心にインタビューに応じてくれたヨッシ氏。
その姿からもプロジェクトにかける大きな想いがよく伝わってきた。
日本はスポーツファンが多いため、サービスが日本で開始されれば、大きなマーケットとなるだろう。

取材・編集:Hiro & Rie