【JBC2018レポート】NEO「ブロックチェーンが変える働き方〜実例集〜」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

6月26日・27日の二日間、東京国際フォーラムにて開催されたJAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE -TOKYO Round 2018 – 』

開催初日の26日、ブロックチェーンプラットフォームを提供するNEO(ネオ)のプレゼンテーションが行われた。

NEOとは

まず、NEOジャパン代表 葉山ミキ氏から、NEOについての説明と、日本での活動状況などについての紹介があった。

NEOジャパン代表 葉山ミキ氏

NEOはブロックチェーンのプラットフォームを提供する非営利団体で、拠点は中国である。

葉山氏は、NEO初の海外拠点のヘッドに任命され、日本でのコミュニティ形成などを行なっているという。

東京の有明には7月からデベロッパーの拠点がオープンし、ワークショップやミートアップが行われるほか、誰でも利用できるようスペースの解放もされるそうだ。

また、6月30日には、慶應大学三田キャンパスにてブロックチェーンに関するワークショップも開催されるなど、教育機関との連携も進んでいる様子がうかがえた。

NEOを利用したDApps:imusify

次に、NEOのプラットフォームを利用した分散型アプリケーション(DApps)の各開発チームからプレゼンテーションが行われた。

imusify CEO David Walters氏

imusify(アイミューシファイ)のプレゼンテーションには、自らもミュージシャンを目指していたというCEOのDavid氏と、プロジェクトマネージャー兼リーガルアドバイザーのLuka氏が登壇。

現在、ミュージシャンとリスナーをつなぐプラットフォームといえばSoundCloudのようなものが一般的だが、その利用のためには、ミュージシャンが運営会社に利用料を支払わなければならない。

imusifyは、ブロックチェーンを用いることでこういった利用料などの中間マージンをなくした、非中央集権型のプラットフォームである。

imusify Project Manager & Legal Advisor  Luka Pregelj氏

このプラットフォームには、オーディオ機能のほかに、DJミックス機能やポッドキャスト、ストリーミング機能もあり、ミュージシャンはオリジナルのチャンネルを持つことが可能だ。

ミュージシャンもリスナーも、ユーザー登録をするとIMUトークンが付与され、それを利用し、直接コンテンツの視聴や売買、クラウドファンディングを行うことができる。
ユーザーは相互の投票システムにより評価され、高評価のユーザーには高い報酬を得る権利が与えられるという。

また、高度な著作権管理ツールによって、インターネット上で頻発しているコンテンツの無断使用を防ぎ、ミュージシャンの権利が保護されることも、ユーザーにとって非常に有益な点だ。

なお、imusifyのユーザーはファンやリスナーに限定されず、音楽プロデューサーなども通常のユーザーと同様に登録し利用することができるため、ミュージシャンとプロデューサー間の、仲介者を介さない純粋なマッチングも可能となる。

現在、imusifyのオフィシャルサイトからは、プラットフォームのデモ版を体験利用することができる。

NEOを利用したDApps:Switcheo

次にプレゼンテーションを行なったのは、NEOベースでは初となる分散型取引所(DEX)のSwitcheo(スウィッチオ)。

登壇したのは、CEOのIvan氏とCCOのJack氏だ。

Switcheo CEO  Ivan Poon氏

特定の企業が管理する中央集権型取引所は、銀行と同じく利用者の資産を預かり、管理している。
そのため、一日の取引額の上限や、高い手数料が設けられていたり、ハッキングや不正利用によって資金が失われる可能性もある。

非中央集権の分散型取引所であるSwitcheoでは、資産はユーザー自身が自分のウォレットで管理し、取引手数料は格安で、しかも出金には手数料がかからないという。

また、分散型取引所でよく問題となる、ユーザーの取引操作ミスを防ぐため、UIが非常にわかりやすく、ユーザーフレンドリーな設計がなされている。

Switcheo COO  Jack Yeu氏

現在、SwitcheoではNEP-5トークン(NEOベースのトークン)をICO終了後からすぐに取引することができるが、2018年7月末には、QRC20(QTUMベースのトークン)の取扱いが開始され、2018年の終わりには、Ethereumなどとのクロスチェーンの実装も予定されている。

将来的には、様々なブロックチェーンとのマルチチェーン取引を目指しているという。

 

このように、現状の問題を解決すべく、すでに多くのDAppsが開発されているNEO。

twitterのフォロワー数は30万人以上と、コミュニティの大きさも注目されている。

今回のプレゼンテーションでも、海外からの聴講者が多く見受けられた。

デベロッパー拠点のオープンや、イベント開催など、今後は日本コミュニティの拡大にもさらに期待が集まりそうだ。

取材・編集:Ayako