タイ銀行は不正を減らすためにブロックチェーン技術の使用を検討

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

タイ銀行のウィーラタイ・サンティプラポップ総裁は、7月12日に開催されたブルームバーグASEANビジネスサミットのスピーチの中で、タイ銀行はさまざまなアプリケーションの中でのブロックチェーン技術の使用を検討していると述べた。
具体的には、国境を超えた支払いや、サプライチェーン・ファイナンス、およびドキュメント認証等で、ブロックチェーンの使用を検討している。

金融サービスの促進だけでなく、不正行為の減少へ繋がる

サンティプラポップ総裁によると、国際間の支払いにブロックチェーンを使用することで、地域の財政的なつながりが改善され、国境を越えた金融サービスが促進される。
また、ブロックチェーンは不正行為を減らし、財務情報を保護する上で重要な役割を果たすと考えているようだ。

タイ銀行総裁がブロックチェーンベースの技術について語るのは、これが初めてではない。以前にも、銀行間決済を改善するためにデジタル通貨を発行する可能性について語ったことがある。

タイの暗号通貨に関する規制の動き

タイでは最近、暗号通貨の規制に関して注目すべき2つの動きがあった。
1つは、財務大臣が、暗号通貨に関する新たな税制を明らかにしたこと。もう1つは、タイ証券取引委員会が、新しいICO(イニシャル・コイン・オファリング)規制が7月16日に施行されると発表したことだ。

タイをはじめとした各国の銀行がブロックチェーン技術への調査を進めており、大きく広がり続けるブロックチェーン技術の動向に今後も注目だ。

 

Photo by Markus Spiske on Unsplash

編集者:Hiro