リバプール、ブロックチェーン技術を利用して「世界で最初の気候に優しい都市」を目指す

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

リバプール市議会は、都市部の気候への影響を緩和するために、ブロックチェーン技術を利用すると発表した。

リバプールの目標

リバプール市議会は、ポセイドン財団と協力して、炭素クレジットを証券トークンとして交換可能なブロックチェーンプラットフォーム構築を長期計画で目指している。
また、リバプール市議会のツイートでは、これを「2020年までに世界初の気候に優しい都市」となる為の活動であると説明している。

この計画により、都市の気候への影響力を現在より110%向上させることを目指そうと考えている。

リバプールの取り組み

この計画の過程で、リバプール市議会は、2030年までに都市の気候の影響力を40%削減することをベンチマークとしており、2000の街路で15,000のLEDによる街灯をすでに設置し、街灯によるエネルギー消費を82%削減している。
さらに、リバプール市は2012年以降に炭素排出量を55.8万トン以上を削減している。

リバプール市のジョー・アンダーソン市長は、ポセイドン財団の技術について「気候を取り戻るために、世界中の政府、企業、個人に解決策を真に提供する最初のものであり、我々の都市に最先端の技術を提供してくれることにワクワクしている。」と語った。

ポセイドン財団はマルタに本拠を置く非営利団体で、ホワイトペーパーによれば、ブロックチェーン技術を使用して、透明性とトレーサビリティーを導入し、森林保全への影響度を追跡する。

ブロックチェーンが環境の分野にも使われ始めている。
 

Photo by Petter Rudwall on Unsplash

編集者:Hiro