ファットフィッシュ社のCEOがビットコインETFは数ヶ月以内に承認されるとの見解を示す

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

シンガポールに拠点を置くファットフィッシュのCEOであるKin-Wai Lau氏は、市場はビットコインETFを数ヶ月以内に受け入れるだろうとCNBCの番組で語った。

ファットフィッシュ社とは

ファットフィッシュ社は、モバイル領域や電子商取引、さらにはフィンテック領域を中心として投資を行っているベンチャーキャピタルだ。
同社は、今年1月にシンガポールのスタートアップであるAPACマイニング社の株式のうちの51%を100万ドルで取得し、仮想通貨のマイニング事業に参入した。

Kin-Wai Lau氏の見解

Lau氏は、現在のビットコインの価格変動について

ビットコインにはとても強い波がある。その波は機関投資家からの需要や、通貨が採用されることによって後押しされている。多くの注目を集めることで、取引量が低迷していた頃に比べると数倍になっている。
と語った。

先週末に一時約7,700ドルまで価格を落とした後に8,000ドル以上まで価格をあげ、取引されている。
また、7月26日にウィンクルボス兄弟によるビットコインETFの2度目の拒否があったにもかかわらず、価格は8,100ドルを突破した。
Lau氏は、価格がすぐに戻ったことについて、アーリーアダプターやこの分野に興味を持っている人にとってとてもポジティブなことであると指摘した。

さらに、Lau氏は近い将来、規制の変化が起こることを予見し、次のように語った。

ETFが承認されるまでは、そこまで遠くないだろう。

ビットコインETFが承認されれば、市場への信頼が増し、新たな資金も流れ込むとの見方が強く、ビットコインETFに関するニュースから目が離せない。

 

Photo by Chris Liverani on Unsplash

編集者:Hiro