ゴールドマン・サックス、暗号通貨のカストディサービスを検討

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ゴールドマン・サックスが、急成長を遂げている暗号通貨のためのカストディサービスの提供を検討していると、ブルームバーグが報じた。

ゴールドマン・サックスの広報担当者は、「さまざまなデジタル製品に対する顧客の関心に応えるために、私たちはこの分野でどのようにサービスを提供するのがベストかを模索している。現時点では、デジタルアセットの提供範囲に関する結論には至っていない。」と述べた。
協議は進行中とのことで、サービスを公開するためのタイムラインは設定されておらず、情報は公開されていない。

カストディとは

カストディは保管を意味する。カストディサービスは、銀行がファンドに代わって証券を保有することで、不正な攻撃で投資金を失うという顧客のリスクを軽減するためのものだ。これまでハッキングによって取引所の暗号通貨が盗まれるという事件が何度も起きており、カストディのシステム構築を求める声は多い。
また、カストディによる運用を実施することで、プライムブローカレッジ業務などの他の事業にもつながっていく可能性がある。

カストディに関する他社の動き

今年5月、野村ホールディングスは、海外2社とカストディサービスの提供に向けた研究を開始するために、Komainuを設立した。
また、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、JPモルガン・チェース、ノーザン・トラストなどの大手カストディアンが、暗号通貨を保護するサービスやその調査に取り組んでいる。

ゴールドマン・サックスのような機関が正式にサービスの開始を発表すれば、暗号通貨ファンドの信用が上がり、より多くの投資家が暗号通貨に投資する道を切り開くことになるだろう。

 

Photo by Alex Shutin on Unsplash

編集者:Hiro