ウクライナがNEMのブロックチェーンを用いた投票システムのテストを開始

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ウクライナ中央選挙管理委員会のメンバーが選挙におけるブロックチェーンの使用について調査をしている。

メンバーがテスト投票を呼びかけ

ウクライナ中央選挙管理委員会で働いているオレクサンドル・ステルマフ氏は、実施中のテストに関してFacebookでコメントした。このテストは7月に開始され、その際にステルマフ氏はFacebookで、NEMのブロックチェーンプラットフォームを使用して、地元のNEM財団と連携して作成された「テスト投票」に参加するように呼びかけた。

「ブロックチェーンの有用な特性の1つは、保存された情報を変更することが不可能であることだ。これは各地での投票において、情報を保存する時に利用しようと試みている特性でもある。」とステルマフ氏は書いている。

さらに彼は、以下のようにも記している。

実験はブロックチェーンNEMのテスト環境で行われ、ウクライナのNEM財団の代表であるアントン・ボセンコ氏に親切にも与えられたテストコインを使用してトランザクションを生成する。このテスト環境では、28個のノードが用いられる。

ステルマフ氏はまた、各警察署に投票で使用するノードを配置するには、おおよそ1,227ドルの費用がかかると書いており、この技術を導入する上で、とても少ないコストだと彼は考えている。

株主の議決権としての用途

今回の公式の取り組みは、集計のためにこの技術を適用する最新の取り組みであり、ブロックチェーン技術により、最終集計をする際の問題を緩和する不変レコードの生成ができるという考えに基づいている。ブロックチェーン技術は、会社の株主が企業の議題に投票する際のツールにもなると考えられている。

ブロックチェーン技術は、トランザクションを変更できないという特性から、公平な投票を行うための方法に利用できると考えられている。今回のウクライナの事例のように、このような取り組みが今後増えてくるだろう。
 

Photo by Arnaud Jaegers on Unsplash

編集者:Hiro