ビットメインがマイニング可能なWi-Fiルーター提供開始

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

中国のマイニング企業大手のビットメイン社は、インターネットにアクセスしながら、暗号通貨をマイニングできるWi-Fiルーターを発表した。

ダッシュとシアコインをマイニング

暗号通貨愛好家やアマチュアのマイナーは、利益のためではなく、面白いアイデアという理由で、この製品を受け入れるかもしれない。ビットメイン社は、暗号通貨をマイニングできるR3シリーズ「Antrouter R3-DASH&R3-SIA」をリリースした。デバイスでは、ダッシュシアコインを、それぞれマイニングすることができる。

製品ページによると、Antrouter R3-DASHはダッシュだけを掘削するように設計され、テストもされている。しかし、X11アルゴリズムを用いた通貨のマイニングにも用いることはできる。ただし、そのような場合では、デバイスの性能と効率は保証されていないようだ。
シアコインを採掘するように設計されているAntrouter R3-SIAに関しても同様で、シアコイン以外のblake2bアルゴリズムを用いた通貨のマイニングも可能だが、性能面での保証はない。

ルーターは日本円で約6,400円

ルーターは特別価格58ドルで販売され、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコインで購入することができ、支払い後10営業日以内に出荷されるという。
インターネットに接続すると、ルーターはビットメイン社のアントプールですぐにマイニングを開始する。ルーター購入者は、マイニングの状況を確認できるようにしておくために、購入時に個人のビットメインのアカウントを設定する必要がある。

先日には、世界第2位のマイニングメーカー企業Canaanがマイニングができるテレビを発表した。今後も、一般消費者が私生活で利用する機器を使ったマイニング機器が増えていくかもしれない。

 

Photo by John Schnobrich on Unsplash

編集者:Hiro