バイナンスの大半の社員が給与をBNBトークンで受け取り

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

世界最大の暗号通貨取引所バイナンスのCEOチャンポン・ジャオ氏が、TechCrunch創業者のマイケル・エリングトン氏に語ったところによると、バイナンスの社員の90%が給料をBNBトークンで受け取っているようだ。


バイナンスの取り組み

BNBトークンはバイナンスコインとして知られているものであり、取引所バイナンスのネイティブトークンである。
エリングトン氏との議論で、ジャオ氏はバイナンスの社員の90%が給与をBNBで受け取ることを選択しており、同社は、社員の大部分に暗号通貨で支払いを行なっている数少ない企業のうちの一つであると語った。

バイナンスチームは、暗号通貨エコシステムの持続可能性を向上させるために、分散型取引所の開発やブロックチェーンプロジェクトのアクセラレーターなどの取り組みも率先して行っている。

日本国内ではGMOグループが同様の取り組み

日本国内で、社員への給与の支払いに暗号通貨を使うオプションを用意している企業としては、GMOグループが有名だろう。
同社は、暗号通貨マイニング事業や取引所サービスも行っている。

「GMOインターネットグループが、グループ全体で暗号通貨に関する取り組みを促進することで、暗号通貨のグローバルな発展に繋がるだろう。」と同社は昨年12月に述べている。

 
今後、給与の支払いなどで大企業が暗号通貨を採用することは、暗号通貨の活用が広く普及していくうえでとても重要な動きとなるだろう。
 

編集者:Hiro