中国警察が、8,700万ドルの暗号通貨を盗んだ疑いでハッカーを逮捕

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

中国で、約8,700万ドル相当のビットコインおよびその他の暗号通貨を盗んだ疑いで、3人が逮捕された。

別々の都市で3名を逮捕

新華社通信によると、3人はそれぞれ湖南省、長春市、首都の北京で8月15日に逮捕された。

被害者は今年3月に西安市の警察に訴状を提出し、提出された内容によると、コンピュータがハッキングされ1,450万ドル相当の暗号通貨が失われたという。

中国警察は、いくつかのインターネット関連企業の助けを借りて調査を行った結果、被害者のPCにリモートで侵入し、資金を移転したとして、容疑者が浮かび上がった。
また、捜査が進むにつれて、容疑者とは別に経験豊富なハッカーが2人いることも分かった。

さらに、この3人グループは他の企業や個人のネットワークにも不正に侵入し、暗号通貨を盗んだとして、追求している。盗まれたとされる額の合計は、6億元、ドルにして約8,700万ドルにも及ぶ。調査はまだ進行中とのことだ。

中国警察は取り締まりを強化

なお、この事件は、中国警察が暗号通貨に関連するサイバー犯罪の取り締まりに力を入れ始めた矢先の出来事である。

以前にも、大連の警察が、コンピュータ技術会社の容疑者20人を逮捕した事件があった。この事件では、彼らは暗号通貨のマイニングを行うマルウェアを100万台以上のコンピュータに感染させ、2年間で200万ドル以上を稼いだと報道されている。

今後も、中国警察の取り締りの強化は続きそうだ。
 

Photo by James Coleman on Unsplash

 

編集者:Hiro