アマゾンにドージコイン導入を求める署名が1万人を突破

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

オンラインで賛同者を集められるChange.orgで、Dogecoin(ドージコイン)導入をアマゾンに求めるオンライン署名が行われている。

広がる署名活動

Change.orgは、問題に対する懸念を広める方法として、一般人によって提出された数多くの嘆願が掲載され、オンライン署名が呼びかけられるウェブサイトだ。ほとんどの人は、特定の問題に対する意識を高めるだけでなく、その問題に対処する方法を模索するために、このウェブサイトを利用している。

このChange.orgに、暗号通貨、特にDogecoinの受け入れをアマゾンに求める嘆願が最近掲載された。現在、この嘆願は、1万2800人以上のオンライン署名がなされ、目標の1万5000人に届く勢いだ。

現在アマゾンは、Eコマースにおいて支払い手段として暗号通貨の使用を認めていない。嘆願書の作成者であるMark E.氏は、暗号通貨を受け入れないことで、世界中の多くの人々を遠ざけることに繋がっていると考えている。また、彼は、「アマゾンはイノベーションのリーダーの一つであり、暗号通貨を受け入れることにおいて最前線にあるべきだ」と付け加えた。

なぜ、Dogecoin?

Dogecoinは、2013年に公開され、柴犬をモチーフとしたアイコンで有名な暗号通貨である。もともとは遊びで作られたと言われているが、今や時価総額ランキングでは20位につけている。
Mark氏は、今回の署名がDogecoinの導入を求めている理由に関して、

Dogecoinは、世界中のスモールビジネスや慈善団体、起業家の間で広く使われている。今こそ、アマゾンがDogecoinのパワーを知り、それを支払い手段として受け入れる時だ。
と記載している。
 
Change.orgでの暗号通貨に関する署名運動が増えてきており、このようなサイトでも暗号通貨の盛り上がりが確認できる。

Photo by Piotr Cichosz on Unsplash

編集者:Hiro