ビットコインは「非常に過小評価されている」とGatecoinのエグゼクティブが発言

香港に拠点を置く暗号通貨取引所Gatecoinのマーケティング責任者は、これだけ上昇している時期にもかかわらず、ビットコインの価格は「過小評価されている」と述べている。

Bloombergとのテレビインタビューで、Gatecoinのマーケティング責任者と、アジア太平洋地域の事業開発責任者Thomas Glucksmann氏は、ビットコインの「公正価値」について語った。

この時、価格は1万ドル近くに達し、去年から10倍にもなっている。
ビットコインの公正価値を決定することは「不可能」であるかどうかを問われると、Glucksmann氏はこう答えた。

私はビットコインの価値があまりにも過小評価され過ぎていると主張しています。
次の10年、20年、30年の技術の長期的なポテンシャルを見れば、私の考えでは10,000ドルは安いです。

ビットコインは現在、個人投資家の間で価値の保存として注目されているが、それはP2Pの分散型電子暗号通貨としての役割も持つ。

Gatecoinの幹部はインタビュアーに、Satoshis(0.00000001 BTCのこと)としても知られているビットコインの最小の単位を指し示して、「ビットコインは小数点以下8桁まで分割できる」と語った。

彼は以下のようにも述べている。

たとえ1ビットコインに100万ドルの価値があるとしても、P2Pでも処理できる1ドルの価値のビットコインを手に入れることができる。
そのような長期的視点で、ビットコインを見ることが重要だ。

現段階で、CoinmarketCapのデータでは、ビットコインは9,927ドルで取引され、1,670万の採掘されたビットコインの総市場価値は、1,650億ドルであることを示している。

2015年半ばにイーサリアムのETHトークンをリストに入れた世界初の取引所であるとされるGatecoinは、ビットコインの価格上昇に伴い顧客の数が3倍となった頃に、香港の銀行が突如口座を凍結し、取引所に強制的に顧客からのHKDとUSDの預金を一時停止させられた後、数カ月の間、大規模な業務中断に見舞われた。

この取引所は、欧州の新しい銀行パートナーとの間でのやり取りを一時休止し、12月に銀行振込を再開する予定だ。

今月には、ライトコインのサポートも追加され、ユーザーはビットコイン、イーサリアム、ユーロでアルトコインを購入、販売することができる。