【レポート】Orbs Meetup

こちらを友だち追加しておくと
リアルタイムで記事更新情報を
受け取ることができます。

友だち追加

9月15日(土)、ビジョンセンター東京にて、Orbs(オーブス)による日本国内初のミートアップが行われた。
本イベントでは、Orbsの経営陣よりプロジェクトの最新情報が紹介された。

Orbsとは

Orbsは、基礎レイヤーのプロトコルを補完し、スケールさせる為のハイブリットブロックチェーンであり、数百万人のユーザーを抱える分散型アプリ(dApps)のミドルウェアとして、相互運用の機能を持たせる持続的なソリューションである。

2つのチェーン技術を組み合わせたベストな構造により安全性、流動性、エコシステムの統合、プロダクト化に十分なスケーラビリティ、低い手数料を実現した。

現在のブロックチェーン市場の課題とOrbsについて

はじめに、Orbsの共同創設者であるウリエル・ペレッド氏が登壇し、ブロックチェーン市場の課題とOrbsの特徴について語った。

Orbsとはハイブリットブロックチェーンプロトコルであり、トークン発行に特化したイーサリアムと、開発に特化したOrbsの2つのブロックチェーンを活用することができる。

現状のブロックチェーン市場の問題点は、技術者の人材不足とインフレ、そして教育体制が整っていないことである。
昨年、多くのICO(Initial Coin Offering)が行われたが、多くのプロジェクトはイーサリアムでのアプリケーションの開発が頓挫することが多い。

また、クリプトキティーで明るみになった課題として、イーサリアムにはスケーラビリティの問題がある。これを解決する為には多くのコストと時間が要すると考えられている。

この問題を解決するために、多くの企業はイーサリアムに変わるプラットフォームの開発を試みているそうだ。

ウリエル氏は、スケーラビリティの問題の解決策について「私たちは、市場から見た時にイーサリアムは素晴らしい技術だと考えておりますので、私たちはイーサリアムを利用しつつ、イーサリアムの問題点を解決するレイヤーとしてOrbsを使用します。ユーザーは開発に特化したOrbs、トークン発行に特化したイーサリアムの二つのブロックチェーンを使用することが出来ます。これにより、スケーラブルかつ手数料の安いブロックチェーンが使えると考えております。」と語る。

Orbsの共同創設者であるウリエル・ペレッド氏

また、Orbsはバーチャルブロックチェーンを導入している。インターネットで言うところの、バーチャルサーバーのようなものだ。

現在のブロックチェーンでは、クリプトキティー問題でもわかるように1つのアプリが原因となり、イーサリアム全体のトランザクションが詰まってしまうことがあり、実用性は低い。
しかしバーチャルブロックチェーンの場合は、一つ一つにブロックチェーンが割り当てられ、全体に影響を与えることはない。

また、既存のブロックチェーンでは、セキュリティを高める為にはノードを増やし、スピードを上げるためにはノードの数を減らすため、安全性とスピードのどちらかしか実現できていない。

Orbsでは、この両方を実現するために、RPoS(Random Proof-of-stake)を採用している。RPoSはノードの数は自由に選べ、そのノードの中から22個のノードをランダムに選んで使用する。
ハッキングするためには、ノード全てをハッキングしなければならず、この仕組みによって、安全性とスピードの両方が担保されている。

ウリエル氏は、Orbsについて「Orbsは世界で1番のブロックチェーンです。イーサリアムを補完するブロックチェーンと新たなブロックチェーンを作るどちらのストラテジーが勝つか世界が注目しています。また、2017年はマーケティングがうまいプロジェクトが注目されたが、今後は技術力があるものが残っていくでしょう。」と語り、本プロジェクトへの自信を滲ませた。

Orbsでは各国に拠点を持っているが、特に韓国での展開に力を入れており、実際にビジネスを始めている。
実際に下記のような実績をあげている。

KAKAO社のGroundXとの戦略的提携
行政との提携
TMON社との提携
各有名メディアとも提携

また、Orbsでは、日本でも多くのカンファレンス等に出展している。
最後に「今後日本でも、活動を積極的に拡大して行こうと考えています。」とウリエル氏は語り、プレゼンテーションを締めくくった。

トークンストラテジーについて

次に日本ヘクサグループ日本代表である堀田氏が登壇。Orbsのトークンストラテジーについて語った。

Orbsについて語る堀田氏

現在、ブロックチェーン市場は今年初めから大きく冷え込んでいる。

Orbsのトレーディングチームの見解では今まではビットコインの半減期を迎えて、一年後に市場が過熱する傾向があるという。
堀田氏は、それを踏まえると、市場の冷え込みは少し続きそうであるという見解を示した。

また、Orbsは当初の予定より公開が遅れているが、これは市場の状況を見ての対応である。堀田氏は「現在公開しても、今のマーケットでは、価格が低くなるため、投資家保護の観点から公開を遅らせています。」と述べた。

堀田氏は、公開予定について「マーケットが良くなり、かつ、きちんとビジネスとして成り立って初めてトークン配布の準備ができていくと思っています。メインネットの開発、マーケットの状況を考えると11月、12月に上場をするかもしれません。」と語った。

当日は雨にもにもかかわらず、多くの人が集まり、Orbsへの関心の高さが伺えた。
また、ウリエル氏と堀田氏両名は、時間いっぱい熱心に語っており、参加者からも多くの質問が飛び交う非常に内容の濃いイベントとなった。これからのコミュニティの更なる盛り上がりを期待したい。

Orbsの詳細情報

Orbsの最新情報はこちらから確認いただけます。

公式サイト:https://orbs.com/jp/
Telegram:https://t.me/orbs_network
Twitter:https://twitter.com/orbs_network
LINE@:https://buff.ly/2wA9iKq

 

取材・編集:Shun & Rie