取引所Upbitの運営会社が来月シンガポールを拠点とする取引所をオープン

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

韓国で暗号通貨取引所Upbitを運営するカカオのグループ会社ドゥナムは、シンガポールを拠点とする暗号通貨取引所を、来月オープンするようだ。

既にシンガポール支部を設立

ドゥナムは今年2月にシンガポール支部を開設し、アジア市場での展開を積極的に進めている。シンガポールで新たに開設する暗号通貨取引所の開始日は正確には決まっていないものの、10月上旬にはサービスを稼働させようと考えているようだ。

Upbitシンガポール支部長キム・クヒョン氏は、「シンガポールは積極的にブロックチェーン技術をサポートしているため、この国に進出することで、さまざまな関連プロジェクトをリードし、グローバルな競争力を獲得するチャンスが広がる。」と述べている。

対応する通貨の数は世界トップクラス

CoinMarketCapによると、現段階において、Upbitの直近24時間の取引量は世界で10番目にランクインしており、取引量は約234億円にのぼる。

また、156種類の通貨を扱っており、取引ペアは271に及ぶ。
 
シンガポールでの取引所オープンにより、さらにマーケットを広げ、取引量を拡大していくことが予想される。

Photo by Christian Chen on Unsplash

編集者:Hiro