ビットフューリー、ASICマイニングの新しいハードウェアを発表

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ビットコインマイニングに用いるソフトウェアの製造をしているビットフューリーが、ASIC(アプリケーション専用集積回路)チップ『ビットフューリー・クラーク』を用いた次世代ビットコインマイニングハードウェアを発表した。

新しいASICを提供

ビットフューリーが提供するASICチップは、特殊なハッシュアルゴリズムに基づいて、デジタル通貨を採掘するために使われるハードウェアである。このASICは、一般的な使用のためではなく、汎用的に使用できるように調整されている。

ビットフューリー・クラークASICは、ビットフューリーのマイニングハードウェアに統合されるほか、個別での販売も行われる。また、新しいASICをカナダ、ノルウェー、アイスランド、ジョージア州のマイニング工場で導入する予定だ。同社が発表した内容の中では、チップについて、以下のようにさらに詳しく説明がされている。

ビットフューリー・クラークASICは14nmで、SHA-256ビットコインマイニング用に完全にカスタマイズされている。ハッシュレートは毎秒120ギガハッシュ(GH/s)、ギガハッシュ(mJ / GH)当たりの電力効率は55ミリジュールである。ビットフューリー・クラークが必要とする電圧は、わずか0.3ボルトである。

最近はマイニング企業の立ち上げを支援

ビットフューリーは、昨年12月にトロントに本社を置くマイニング会社Hut 8の立ち上げを支援しており、その際にマイニング用ハードウェアやその他の必需品を提供した。支援のおかげもあってかHut 8は、今年7月の時点で、立ち上げ時から約1,900BTCの採掘に成功しているようだ。

今年7月には、最近ビットコインの価格が下がったことにより、ASICマイニングハードウェアの価格が20%ほど下がるのではないかとの予測など、一部でネガティブな影響があるのではないかとの報道もあった。実際に、台湾の半導体製造企業や、グローバル・ユニチップ社などの集積回路設計サービスを行う企業が影響を受けた。
また、特殊なGPU(グラフィックスプロセッサユニット)は、暗号通貨の価格下落と共に価格を下げている。
 
マイニングに大企業も参入し始め、競争が激化してきているが、最新鋭のASICチップを提供するビットフューリーがますます企業価値を高めていきそうだ。

Photo by Johannes Plenio on Unsplash

編集者:Hiro