ビットコインキャッシュには、ブロックサイズを再び拡大する計画がある

ビットコインキャッシュのデベロッパーは、来年度もブロックサイズを拡大する “暫定的” 計画を立てている。

ビットコインから分岐した主な開発チームであるBitcoin ABCによってリリースされた新しいロードマップによると、2つのハードフォークが明確に含まれている。
それは、ソフトウェアを実行するすべての人が行う必要のあるアップグレードの方法であり、2018年5月と11月に予定されている。

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュは、ビットコインのブロックサイズにおける議論から、今年の夏に登場した暗号通貨である。

ブロックサイズの増加(ビットコインのセキュリティに害を及ぼす可能性があるという議論があった)に際し消極的だった開発者コミュニティよって阻止され、ビッグブロックの支持者が自ら進んで、独自の暗号通貨を生成した。
こうして生み出されたビットコインキャッシュは、ブロックサイズの上限がビットコインの8倍であることが大きな特徴だ。

しかし、ビットコインキャッシュの開発は、この最初の分裂で終わったわけではない。
その開発者は、新しいロードマップに追加された、暗号通貨の改良計画を発表した。

この発表では、次のように説明されている。

我々は、このビットコインキャッシュを、より信頼でき、より拡張性があり、より低コストで、成長速度の速いものにしたい。
これらは、困難や混乱なくうまく進んでいくべきである。
メインストリームとなるユーザーから世界的に使用され、企業が信頼できるだけの基盤を築いていくべきである。

ビットコインキャッシュの支持者は、これを達成するためにはブロックサイズを大きくすることが重要だと考えている。

新しいロードマップでは、Bitcoin ABC開発チームは、コード内で無効になっていた古いルールを復活させるなど、他にも可能性のある機能を並べている。

とはいえ、ロードマップはコミュニティの変化に応じて変更される可能性があり、Bitcoin ABCは、あくまでビットコインキャッシュを形作るいくつかのうちの1つにすぎない。
(少なくともそのうちの他の1つであるnChainがこの提案に賛成しているが)

なお、次回は2018年2月に、アップグレードの内容を発表をする予定だという。

Image created by Kjpargeter – Freepik.com