米連邦議会議員が暗号通貨に関する法案を提出

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

アメリカのトム・エマー議員は、ブロックチェーン技術と暗号通貨を支持する3つの法案を提出することを発表した。

3つの提案の中身

法案は、ブロックチェーン技術のサポートと開発だけでなく、”フォーク”されたデジタル資産を持つ納税者のための安全なガイドライン制定にも焦点を当てている。
3つの法案はそれぞれ、「デジタル通貨とブロックチェーン技術を支える決議」「ブロックチェーンの確実性に関する法律」「フォークされた資産に関する納税者のためガイドライン」と題されている。

これらの法案は、連邦政府に「シンプルな法環境」を作成するように促し、IRS(アメリカ国税庁)が税申告に関する正式なガイドラインを提示するまで、”フォーク”されたデジタル資産について申告する個人からの徴収を制限するというものだ。エマー氏は「納税者は、法律が明確なときだけ法律を遵守すれば良い。」と自身の見解を述べた。また彼は、

アメリカはブロックチェーン技術の開発を加速させることを優先し、民間企業によるイノベーションとさらなる成長を導く環境を作るべきであり、それこそが私がこれらの法案を提出する理由である。

ともコメントした。

エマー議員は規制緩和を求める

エマー氏は現在、議会内のブロックチェーン部会の共同チェアマンを務めており、ブロックチェーンとデジタル通貨の影響に関する検討を行っている。彼らは、この技術がインターネットと同じように進化することを可能にするために、規制緩和が必要と考えている。

今週初め、米国の議員は、IRSに対し、明確かつ包括的な暗号通貨に対する課税のガイダンスを施行するように要請した。その議員は、IRSがガイドラインに違反したことに対するペナルティを積極的に念頭に置いているが、より堅実な課税の枠組みを導入していないことは、納税者が納税義務を果たすことの妨げとなっていると主張している。

 
アメリカでは暗号通貨に関する課税の明確な法律はできていないが、この大国で明確な法律が制定されれば、他国においてもそれが一つの基準となっていくかもしれない。

Photo by Zoltan Kovacs on Unsplash

編集者:Hiro