ブロックチェーンキャピタルの専門家「ビットコインは底に近い」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ブロックチェーンキャピタルのスペンサー・ボガート氏が、ビットコインの価格は底に近いと語った。

ビットコインの価格は今が底

ボガート氏は、CNBCの「ファストマネー」の中で、「ビットコインの価格はピーク時から70%近く下がっており、現在が底に近いと考えている。」と述べた。

ビットコインの価格に関するボガート氏の予測は、暗号通貨投資会社のギャラクシー・キャピタル・マネジメントの創設者マイク・ノボグラッツ氏のようなマーケットプレイヤーが示している見解と同様のものだ。ノボグラッツ氏は先月、デジタル通貨の価格は底を打ったとツイートした。また7月に韓国で開催されたBeyond Blocksカンファレンスでは、今後2〜3年以内に多くの機関が暗号通貨業界に参入するとの予測も示している。

多くの機関投資家が今後のビットコインの値動きに期待

今週はじめに、機関投資家の半数以上が、ビットコインの価格が今年最低の価格を打ったと考えているとの報道がされた。また、ビットコインの価格が2019年の終わりまでに、1万5,000ドルを超え、そこから大きく価格が上昇すると予測している人が、半数以上いるとのアンケート結果も存在する。

ビットコインの将来的な成長に関して強気な機関投資家も多く、Fundstrat社のトム・リー氏は、今年7月にビットコインが年末までに22,000ドルから25,000ドルの価格に達するとの見解を示した。

 
ここ最近、ビットコインの価格は大きくは動いていないが、投資家からの期待度は上がりつつあるようだ。

Photo by Andre Francois on Unsplash

編集者:Hiro