世界銀行総裁「分散型台帳技術は大きなポテンシャルを持っている」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

世界銀行のジム・ヨン・キム総裁は、インドネシア・バリ島で開催された世界銀行グループとIMF(国際通貨基金)の年次総会に出席し、DLT(分散型台帳技術)は「大きな可能性」を持ち、銀行はこの革新的な技術に対して遅れをとるべきではないと述べた。

ブロックチェーン技術が持つ大きなポテンシャル

キム氏は、貧困と戦っていくことの重要性について言及し、「世代間の悪い習慣をなくすことに役立つ技術革新が存在する。」と語った上で、以下のように述べた。

分散型台帳は大きな可能性を秘めており、我々は今年8月に最初のブロックチェーン債券を発行しました。これにより、私たちは、ブロックチェーン技術を用いて、債券の作成、割り当て、譲渡、管理ができるようになります。

同氏はさらに、ブロックチェーンを導入することで、書類作成の為の事務作業にかかる時間とコストを削減することができ、「将来的に非常に役立つものである」と付け加えた。しかし、彼は、世界銀行が最新の動向全てについていくことが出来ているわけではないことを認めている。

世界銀行の目標

世界銀行の目標は、2020年までに金融サービスへの普遍的なアクセスを開発することであり、彼はブロックチェーン技術とのより深い関与なくして、これは実現できないと考えている。
世界銀行とCBA(オーストラリア・コモンウェルス銀行)は、今年8月、ブロックチェーン上で公的債券を発行すると発表した。8月28日に締結された契約は7,316万ドル規模で、期間は2年、同取引からの利回りは2.251%とされる。

ブロックチェーンプラットフォームの肯定的な結果を受けて、世界銀行の財務部長アランマー・オーテ氏は、世界銀行は「急速に広がるこの技術を活用して、資本市場をより安全かつ効率的にする方法を模索し続ける。」と述べた。
 
世界中の途上国にとって欠かせない存在である世界銀行の取り組みにより、ブロックチェーン技術が金融業界でもさらに広まっていくかもしれない。

Photo by Tim Evans on Unsplash

編集者:Hiro