コインベース、ニューヨーク州で暗号通貨カストディサービスの認可

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

10月23日に発表された公式発表によると、ニューヨーク州規制当局は、コインベースのカストディ(資産保護)サービスを認可した。

ニューヨーク州からの認可

DFS(ニューヨーク州金融サービス局)は、コインベースの完全子会社であるコインベース・カストディ・トラスト・カンパニーに、暗号通貨を対象とするカストディサービスを提供する権限を与えた。同サービスは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、ライトコインを扱う。

コインベースの社長兼COOであるアシフ・ヒアジ氏は、「2014年以来、ニューヨーク州金融サービス局は、暗号通貨業界の成長を強力に支持してきた。」と語った。

機関投資家をターゲットに

コインベースは、7月に機関投資家に焦点を当て、大量のデジタル通貨を保管するためのカストディサービス「コインベースカストディ」を開始した。
このサービスは、暗号通貨資産の「オンチェーン分離」「オフライン、マルチシグネチャおよび分散されたトランザクション保護」「堅牢なコールドストレージ監査および報告」などのさまざまなセキュリティ手段を使用している。

さらに同サービスは、SECに登録された証券会社とFINRAメンバーのETCのシステムも使用している。今年8月に、コインベースは40の新しい通貨をそのカストディアンサービスに追加する計画を発表している。

 
カストディサービスが拡大し、機関投資家が多くこの業界に流入すれば、暗号通貨の価格は大きく上昇することが予想されている。

Photo by Colton Duke on Unsplash

編集者:Hiro