オーストラリアのコモンウェルス銀行がブロックチェーン上での債券発行を計画

オーストラリアのコモンウェルス銀行は、2018年にブロックチェーンシステムで債券を発行する計画を明らかにした。

債券発行に関する詳細は明らかにされていないが、GMICのシドニー会議でコモンウェルス銀行のブロックチェーン分野でトップに立つSophie Gilder氏によると、銀行はブロックチェーンの事例について4年以上にわたって調査をしているとのことである。

コモンウェルス銀行は、株式、債券、協調融資などの活用において、ブロックチェーン技術に目を向けている。

Gilder氏は、彼らが構築したプラットフォームが、これらをより効率的にすることができると考えている。

金融機関でブロックチェーン技術採用の動き

他の金融機関でも、債券発行のためにブロックチェーン技術を採用する動きがある。今年10月、ロシアのNSD(証券保管振替機構)は、ブロックチェーンを用いて初めて債権を発行したと発表した。また、ロシアの通信大手メガフォン(MegaFon)の株式1000万ドルは、スマートコントラクトとオープンソースのブロックチェーンHyperledger Fabricが使用されている。

 

Photo by Lora Ohanessian on Unsplash