SEC委員長はICOに対する厳しい姿勢を貫く

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

SEC(米国証券取引委員会)のジェイ・クレイトン委員長が、CNBCに対して、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)に対する厳しい姿勢を改めて表明した。

2種類のICOと民事和解

SECは最近、ICOは有価証券とみなされうるとの警告を出した後に、2種類のICOを有価証券と判断し、民事和解した。
2種類のICOはそれぞれ、モバイルバンキングを提供するプロジェクトAirfoxと、合法大麻のプラットフォーム構築を目指すParagonと呼ばれるプロジェクトだ。

AirfoxとParagonに対する最近の判決に関して、クレイトン氏は、米国の消費者に対してパブリックセールを行う場合には、SECのガイドラインに沿う必要性があることを強調した。

SECは固い姿勢を貫く

以前からCFTC(商品先物取引委員会)とSECは、ビットコインは証券とはみなされないものの、ICOに関しては個々のトークンに対する精査が必要との見解を示している。
クレイトン氏は「ビットコインは明らかに証券ではないと考えているが、多くのICOは証券とみなされる。」と語る。

インタビューでは、ビットコインETFに関しても話が及んだ。
クレイトン氏は「タイミングなどについてコメントするつもりはないが、いくつかの問題について懸念をしている。」と述べ、いずれの話題に対しても、広く知られているSECの固い姿勢を繰り返した。
 
SECは以前からICOに対して厳しい見解を示しているが、今後もこの姿勢は変わらないかもしれない。

Photo by William Iven on Unsplash

編集者:Hiro