Appleの特許出願からわかるブロックチェーン使用の可能性

米国Apple社の新しい特許出願は、タイムスタンプの作成と検証において、将来のシステムでのブロックチェーン利用の潜在的可能性を示していると言える。

米国特許商標庁(UPSTO)によって公開された文書では、ブロックチェーン技術の側面とPKI(公開鍵基盤)ツールを組み合わせることで、タイムスタンプを認証できるプログラムについて詳しく説明されている。

議題のユースケースは、特定の時点でのデータの状態を立証するブロックチェーン上のトランザクションに、情報の一部を結びつけることを意味している。
その情報が変更されると、データの変更を詳細に示す追加のトランザクションが作成される。

Apple社の文書では、タイムスタンプを立証するための3つの方法が説明されており、これらのシナリオの1つは、ブロックチェーンプラットフォームを中心としている。

プログラムはまず、タイムスタンプを含むブロックを生成し、チェーン上で実行された各トランザクションをマイナーが確認すると、後続のブロックがすべて追加される。
このシステムは、Apple社が「マルチチェックアーキテクチャ」と呼んでいるものの一つで、つまり、ブロックが生成された後、チェーンに追加される前のタイムスタンプを別のシステムが確認するということである。

この文書によれば、Apple社は分散型セキュリティ機能を提供するために、ブロックチェーンの使用を検討しているのだという。

文書には、以下のようにある。

ブロックチェーンの中でノードを早期に変更しようとすると、変更されたブロックに続く各ブロックのハッシュのパズル解が壊れたり、正しくなくなってしまう。
各参加者は、そのような破損したブロックチェーンが、ブロックチェーンのコピーと一致していないことを知ることができるため、破損したブロックチェーンはノードによって認識されない。

分散型元帳を使用してタイムスタンプを保存する利点は2つある。
分散型台帳により、適切な時間を恒久的に維持できるだけでなく、悪意のある関係者によって単一のノードが侵害された場合でも、ネットワークは改悪から保護されるのだ。