Novogratz氏「政府はビットコインを止めることはできない」

最近の「パワーランチ」のインタビューで、Galaxy Investment PartnersのCEO、Michael Novogratz氏がCNBCに語った。

ビットコインの価格上昇により政府からの監視は増しているが、各国政府はビットコインの規制を簡単にすることはできないだろう。

Fortress Investmentの元ヘッジファンドマネージャーであったNovogratz氏は、暗号通貨に投資するために5億ドルのファンドを作っている。

彼は、仮に政府が試みたとしても、ビットコインを破壊できる可能性は低いと述べた。

ビットコインの最近の上昇を考えれば、Novogratz氏はその価格が2万5000ドルに上っていくと、警察関係者は不安になるだろうと語った。

同氏は、米国を含む多くの国の規制当局がデジタル通貨の調査をしており、興味をそそられていると指摘した。

彼によると、ビットコインはグローバルな「投機的な熱狂」段階にあるという。

金融調査会社Autonomous Nextは、少なくとも171件の「暗号通貨ファンド」があり、2017年だけでその数は123件に及ぶと報じた。

CMEのビットコイン先物は 12月18日に開始予定であるが、Coboe Global Marketsはビットコイン先物を日曜日に開始する。
このような投資により、投資コミュニティの間で正当な資産対象と見なされるようになるだろう。

新しい用途のための暗号通貨

Novogratz氏は、乗り物共有、クラウド共有およびその他の用途のための暗号通貨が出てくるだろうと予測した。

Novogratz氏は最近、特定の地域においてはビットコインはバブルであるかもしれないとした上で、暗号通貨自体はバブルではないと語った。

彼はさらに、インターネットのような革新的で革命的な技術の周りでは、過去に何度もバブルが存在したことも言及している。