アメリカからの国際送金における暗号通貨の使用が増加

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ブロックチェーン調査会社Clovrの新しい調査によると、アメリカからの国際送金における暗号通貨の使用が大幅に増えているようだ。調査では、707人からの回答をもとに、送金先、送金の目的、送金の媒体(暗号通貨を含む)を明らかにしつつ、送金に関する傾向を調査した。

暗号通貨の使用率は15.8%

この調査は、2017年にアメリカからの送金が最も多かったとされる国々を対象としている。調査対象の国は、上から順にメキシコ、中国、インド、フィリピン、ベトナム、グアテマラ、ナイジェリア、エルサルバドル、ドミニカ共和国、ホンジュラスなどだ。

送金の内訳を見ると、家族への送金の割合が最も高く、全体の76.8%を占めた。

送金に用いる媒体について見ると、調査対象者の約半数が、ペイパルなどのオンラインサービスを利用しているとのことだ。また、暗号通貨の使用率は15.8%、伝統的な銀行間送金の使用率は25.7%となっている。

満足度の低い銀行間送金

暗号通貨による送金では、送金手数料が低く、送金に時間がそこまでかからない一方で、銀行間送金では手数料が多くかかり、送金に時間がかかるために、顧客満足度が低いことが調査内容から分かる。
調査によると、海外に500ドルを送るために、銀行間送金では平均で52.05ドルを支払う必要があるとのことだ。オンラインサービスを用いた送金の顧客満足度が93.3%の一方で、銀行間送金の満足度は73.3%と低い値を示している。

暗号通貨の使用に関する他の調査データにもあるように、暗号通貨の使用率は女性に比べて男性の方が高いこともわかった。
 
今回の調査から、国際送金における暗号通貨の使用率が増えていることが分かったが、暗号通貨への理解が進めば、さらに使用が増えてくるかもしれない。

Photo by Juliana Kozoski on Unsplash

編集者:Hiro