ドバイが2020年までにブロックチェーン都市実現を目指す

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ドバイが、2020年までに世界初のブロックチェーン都市になる計画が整い始めているようだ。

ブロックチェーンスマートシティ

スマートドバイ事務局長のアイシャ・ビン・ブッチ・ビン・ビシュル氏は、今後数年間でドバイが完全なスマートシティになり、ブロックチェーンと暗号通貨の中心地としての地位の確立に成功することへ自信を持っている。

また、ビシュル氏は、ドバイの暗号通貨関連ビジネスの可能性に関して、

ドバイは、ブロックチェーン業界のイノベーターや起業家の世界的な拠点として、その地位を確立しています。私たちのビジョンに導かれて、アラブ首長国連邦は勇敢に、この最新技術を受け入れています。

と語る。

ドバイ政府は、ドバイ・ブロックチェーンス・トラテジー2020と呼ばれる戦略を立てており、この戦略は今年初めにスマートドバイとドバイ・フューチャー・ファウンデーションによって発表された。この戦略には、多くのブロックチェーンスタートアップをドバイに呼び込むことなどが盛り込まれている。

グローバル・ドバイ・ブロックチェーン・チャレンジ

2019年4月に2日間開催されるフューチャー・ブロックチェーン・サミットの中では、グローバル・ブロックチェーン・チャレンジと呼ばれるコンペティションが開催される。このコンペティションは、スマートドバイとDFA(ドバイ未来アクセラレータ)が共同して行う。

予選を突破したブロックチェーン関連のスタートアップは、ドバイに招待され、コンペティションの上位3チームには、それぞれ2万ドル・1.5万ドル・1万ドルが与えられる。

2018年に開催されたフューチャー・ブロックチェーン・サミットには、8,000人以上の参加者と130の暗号通貨関連スタートアップが参加し、今年も同様の規模になることが予想されている。

 
2020年までにドバイが世界で最初のブロックチェーン都市になるかどうかは分からないが、彼らがブロックチェーン技術革新を真剣に追求していることは間違いないようだ。

Photo by David Rodrigo on Unsplash

編集者:Hiro