【レポート】『デジタル資産市場』セミナー

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

2019年1月9日、東京新橋にてエポック・パートナーズ・リミテッドによる『デジタル資産市場』セミナーが開催された。

エポック・パートナーズは、ケイマン諸島を拠点に暗号資産(暗号通貨)やデジタル資産の運用を行う企業。

今回は、実際に暗号資産の運用に携わるエポックパートナーズのメンバーが来日し、 暗号資産の今後の展開、また投資信託を活用した新しい運用方法について解説を行った。

暗号資産はヘッジファンドからの注目を浴びている

エポック・パートナーズの共同最高投資責任者であるケンジ・スティーブン氏とブラッドリー・ロッター氏は、自身の経験や暗号資産の歴史に触れながら、市場の可能性について語った。

エポック・パートナーズ共同最高投資責任者 ケンジ・スティーブン氏

ビットコインをはじめとする暗号資産は、インターネットの黎明期と同じ。イーサリアムを開発したビタリック氏のような天才が、この業界には1万人以上いる。
これまで個人投資家の多かったこの市場に、機関投資家や大手金融機関が参入し始めているのは当然の動きだ。

事実、昨年はゴールドマンサックスが暗号資産のカストディサービスを検討していると報じられたり、コインベースが機関投資家向けのOTC取引を開始したりと、様々な有名企業や投資家の動きに注目が集まった。

エポック・パートナーズ共同最高投資責任者 ブラッドリー・ロッター氏

2019年、市場はどうなるのか

エポック・パートナーズのパートナー、ジェームズ・スキナー氏からは、2019年の市場予測について4つのポイントが語られた。

① より大きなプレイヤーが参入してくる。

② ブロックチェーンのユースケースが増える。

③ デジタル資産に投資するツールが増える。

④ 直接投資からファンド経由の投資へ。

これまで暗号資産への投資は、個人投資家が単に暗号資産を売買したり保有したりという投資手法が一般的だったが、機関投資家や金融機関の参入とともに、従来のヘッジファンドと同様の手法での投資が行われるようになるという。

エポック・パートナーズ パートナー ジェームズ・スキナー氏

暗号資産市場は大きく成長している一方で、国内外の取引所における資産の流失や、当局の動きが話題にもなっている。

そのような中で、投資家を保護し、安全に資産を運用するためには、十分なリサーチやセキュリティ対策が必須である。

また、「ICOへのアクセスや税制などの面でも、プロの運用会社を通した投資というのはメリットが多い」とジェームズ氏は語った。

 

日本でも先月、金融庁が「仮想通貨」を「暗号資産」に改称するという方針を示したが、世界的にも、従来の資産と同様に位置付けるという動きが強まっている。

エポック・パートナーズの提供する「キャピタル・ストラテジーズ・トラスト−エポック・デジタル・アセッツ(愛称:ディジアセ™️)」は、様々な暗号資産やデジタル資産に戦略的に分散投資することにより、長期的な資産の成長を目指すというものだ。

日本においては、Teneo Partners株式会社を通じて購入することが可能となっている。

新しい形の暗号資産投資に興味のある方は、検討してみてはいかがだろうか。

詳細・問い合わせはこちら:Teneo Partners株式会社  グローバル・ファンド・プラザ

 取材・編集:Ayako