暗号通貨はSECにとっての2019年最優先審査事項の1つ

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

SEC(米国証券取引委員会)が発表した声明によると、同委員会は、暗号通貨を今年審査すべき最優先事項の1つと考えているとのことだ。

暗号通貨が最優先審査事項の1つに

SECの法令遵守調査局OCIEの最近の報告によると、暗号通貨、コイン、およびトークンとして指定されているデジタルアセットの審査が、OCIEが2019年に最優先事項と考える6つのテーマに入っているとのことだ。

レポートには、

OCIEは、デジタル資産の提供、販売、取引、および管理を監視し、製品が有価証券である場合は、規制遵守の検査を行う。

と記載されており、委員会は新しい市場の監視と既存の法律の遵守の強化に焦点を当てようと考えているようだ。

市場参加者を特定

暗号通貨の審査の他の目的として、以下のような宣言も記載されている。

レベルの高い調査を通じ、OCIEは暗号通貨の市場参加者を特定するための措置を講じるだろう。

レポートでは、委員会がデジタル資産のポートフォリオ管理、取引、顧客資産の安全性、暗号通貨企業のコンプライアンスの遵守について調べるとも言及している。

以前、SEC議長ジェイ・クレイトン氏は、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)は「有効である」ものの「証券法に従う必要がある」と述べた。また同氏は、ICOは、伝統的な株式や債券市場よりも投資家保護ができていないとも語っている。

 
分散型台帳技術や暗号通貨を含むフィンテック分野で、SECが大きく関与していくことになりそうだ。

Photo by Raúl Nájera on Unsplash

編集者:Hiro