保険会社大手エトナがIBMと提携

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

健康保険大手エトナが、ヘルスケア業界に合わせたブロックチェーンネットワークを構築するには、IBMと提携を発表した。

請求処理の効率化

3,900万人を超える顧客にサービスを提供しているエトナは、IBMとの共同声明の中で、ブロックチェーンシステムが保険金の請求処理および支払いを効率的に、ユーザーのデータを明確に管理することを可能にすると発表した。

また、このイニシアチブには、PNC銀行や別のヘルスケア企業も参加している。
PNC銀行の財務管理部門トップのクリス・ウォード氏は、ブロックチェーンソリューションを導入することで「業界を悩ませ続けている管理コストを取り除くことができる」と語る。

ヘルスケア分野で注目

今回発表された内容から、ヘルスケアおよび技術部門から構成されるメンバーが、今後数カ月以内にプロジェクトに参加すると予想される。

エトナを含むアメリカ大手ヘルスケア企業グループは、データの整合性とセキュリティの向上を目的に、ブロックチェーンソリューションのトライアルを開始するためにアライアンスを締結した。このイニシアチブには、アメリカのヘルスケア非営利団体アセンションも含まれている。

ブロックチェーン技術はヘルスケア分野でグローバルに注目を集めており、病院や他の業界の専門家は、それによる利益を探求し、健康に関連する情報をセキュアな状態で共有できるようにしようとしている。
 
健康分野の企業とIBMの提携により、今後ヘルスケア領域でブロックチェーン技術がさらに利用されていくことが期待できそうだ。

Photo by rawpixel on Unsplash

編集者:Hiro