Bitstampが、スイスの大手オンラインバンクと提携

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

ヨーロッパの暗号通貨取引所Bitstamp(ビットスタンプ)が、スイスの大手オンラインバンクであるデューカスコピーとの提携を発表した。

ビットコイン取引のサポート

Bitstampは、デューカスコピーのサービス内におけるビットコイン取引を行う。顧客は自分の口座にビットコインを送って、それらを米ドルに変換し、スイスのFX市場で取引することが可能になる。さらに、顧客は自分の資金をビットコインでウォレットに送金することができる。

Bitstampは、この提携が暗号通貨と従来のファイナンスの間に存在するギャップを埋めることになると考えている。

スイスの金融機関の動向

スイスのファルコン・プライベート・バンクは最近、一部の暗号通貨の送金と保管のサポートを始めた。同銀行は、現在、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインに対応している。

また今月初めには、スイスに拠点を置くプライベートバンクのボントベルが、銀行や資産運用会社を対象に、暗号通貨のカストディサービスを開始し、暗号通貨の購入、送金、保管などの暗号通貨関連サービスを顧客へ提供することが可能となった。

スイスのツーク市はクリプトバレーとも呼ばれ、ヨーロッパで最も急成長している技術コミュニティとも言われている。実際に、スイスとその隣国リヒテンシュタインでは、ブロックチェーン関連企業が増加し続けているようだ。
 
ブロックチェーン・暗号通貨領域で、スイスの発展がますます加速していきそうだ。

Photo by eberhard grossgasteiger on Unsplash

編集者:Hiro