【JBC 2019YOKOHAMAレポート】CTIA CEO 手塚満氏

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

1月30日・31日の二日間、パシフィコ横浜にて開催されたJAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE -YOKOHAMA Round 2019 –

開催1日目である31日に、CTIAのCEOである手塚満氏によるプレゼンテーションが行われた。

ICOの役割

CTIAは、ブロックチェーンの導入やブロックチェーンエンジニアの育成を主に行っている。
同社の活動に関して手塚氏は、「日本企業はブロックチェーン技術に関して遅れをとっています。例えばブロックチェーンを導入することで何ができるかや、どれくらいのコストダウンができるかのイメージができていない企業が多いです。」と述べ、そのような現状の中で、ブロックチェーン企業へのコンサルティング事業を行っているそうだ。

日本では明治大学・武蔵野大学などでブロックチェーンに関連した講義を開催し、エンジニアの育成に力をいれている。
さらにCTIAの最近の動きとして、同社のパートナーでもあるセントラリティのプロジェクト内容に触れた上で、R3 LLC社と提携したことについても語った。

また、ICOの魅力について手塚氏は

日本では、アイデアがある場合、会社を設立して事業計画書を作り融資を募ることができます。しかし、発展途上国の人たちは、お金を借りることが出来ない人がたくさんいます。
と述べ、ICOを利用することで、アイデアに賛同する人がいた時にそれを実現できる環境が整えることが出来るのは一つの魅力だと語った。

ブロックチェーンの実用例

手塚氏は、ブロックチェーンの実用例として、不動産を例として挙げ、

現状では不動産に投資するのは多額のお金が必要になります。しかし、ブロックチェーンを使えば、1坪を数パーセントに細分化しての購入が可能となり、少額からでも投資が出来るようになります。
と述べた。

また、ルワンダで行われているドローンによる血液輸送についても触れ、ブロックチェーンを用いることで、このような輸送もより改善されるとの見方を示した。

 
CTIAは、今月銀座にオープンしたブロックチェーン企業専用コワーキングスペースにも関わっており、日本における新しい事業を推進していく予定とのこと。ここでは、事業が技術面・資金面などどの部分が欠けているかを見極めながら、大手監査機関出身者などの経験豊富なメンバーが事業のサポートをしていくとのことで、こちらでの活動にも注目したい。

 取材・編集:Rie、Hiro