ティム・ドレイパー氏「5年後には暗号通貨が支配し、犯罪者だけが現金を使うだろう」

こちらを友だち追加しておくと
暗号通貨関連のイベント情報や
リアルタイムでの記事更新情報を
受け取ることができます。
友だち追加 

暗号通貨の投資家として有名なティム・ドレイパー氏が、5年後には暗号通貨が広く使われるようになり、フィアット通貨を使うのは犯罪者だけになるだろうと語った。

ブロックチェーンによって犯罪者を特定

ドレイパー氏は、フィアット通貨は5年以内に廃れて時代遅れになるとのこれまでの発言を繰り返し、暗号通貨の使用はブロックチェーンで追跡できるために、犯罪者だけがキャッシュを使い続けるだろうと述べた。

昨年8月には、アメリカ麻薬取締局の代理店が、ブロックチェーンが犯罪者を特定するための手段に繋がるので、多くの方が暗号通貨を使い続けて欲しいと述べている。

ビットコインは銀行より安全

さらに、ドレイパー氏は、銀行に預けているお金が彼がビットコインとして持っているお金よりも安全でないと信じているとも考えており、「銀行は絶えずハッキング攻撃を受けています。」と述べた。一方で、ビットコインはまだ誰もハッキングを出来たことがないことを同氏は指摘した。

ドレイパー氏の発言は、既存の金融システムはブロックチェーン技術よりもはるかに脆弱だと語った、起業家で投資家でもあるジェレミー・ガードナー氏の立場を反映している。

 
過去には、1ビットコインの価格が2022年までに25万ドルを超えるとも予測しているドレイパー氏。今後も強気な発言が続きそうだ。

Photo by Andre Francois on Unsplash

編集者:Hiro